山里亮太の“凄さ”を実感したかまいたち

写真拡大

今月10日に決勝戦が行われた『第43回ABCお笑いグランプリ』では、結成9年目のカベポスターが頂点に立った。審査員を務めたかまいたち・山内健司は彼らの実力に絶賛していたが、同時に当日MCを担当した南海キャンディーズ・山里亮太のトーク力にも改めて感心させられたという。

25日に放送されたラジオ番組『かまいたちのヘイ!タクシー』(TBSラジオ)の中で、10日に開催された『第43回ABCお笑いグランプリ』(朝日放送テレビ)について触れた山内健司。2020年から3年連続で同大会の審査員を務めている山内だが、この日の放送は大会翌日の収録だったようで、優勝したカベポスターに対し「M-1今年あるかもぐらい…現場では」「今年も面白くて…伸び盛りってこういうことなんやな」と昨年の完成度をさらに超えてきた彼らの実力を高く評価した。大会をABEMAで視聴したという相方・濱家隆一も「すごかったね」と同調していた。

そんななかで山内が改めて感じたのが、MCを務めた南海キャンディーズ・山里亮太の“凄さ”だという。3年前から同大会のMCを担当している山里だが、緊張する山内とは対照的にCM中もずっとトークで観客を盛り上げ、会場を温め続けていたという。その様子に山内は「山里さん1人でやってくれてるやん」と“援護射撃”をもくろんだが、「結成5年目でM-1決勝に行った」という話題に対し「baseよしもとでソロライブやった時にお客さん埋まらなかったですよね」と鋭い一言を飛ばして会場を微妙な空気にしてしまったそうで、濱家に「邪魔して、お前は(笑)」とツッコまれていた。

もちろん、放送中の山里のトーク力に関しては言うまでもない。濱家は人気芸人が名を連ねる審査員たちとのトークで見せた山里の絶妙な切り返しを挙げつつ「もうバケモンとかじゃなくて、神様なんやろなって思って」とその計算しつくされた返しを絶賛すると、その場にいた山内も「凄かったですよ」と同意。その完璧さには直前の“援護射撃”に失敗した自分が入る隙はなかったと語っていた。これまで数々の賞レースを総なめにしてきたかまいたちだが、吉本の先輩でもある山里から学ぶところはまだまだ多いようだ。

画像2枚目は『ABCお笑いグランプリ 2022年7月10日付Instagram「第43回のMCを務めた #山里亮太 さん」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 根岸奈央)