新井恵理那、“西麻布に住んでいた頃の月給”語る

写真拡大

フリーアナウンサー・新井恵理那(32歳)が、7月27日に放送されたバラエティ番組「かまいガチ」(テレビ朝日系)に出演。東京・西麻布に住んでいた頃の月給について語った。

お金が無い下積み時代の極貧料理レシピを作る企画に、新井が登場。新井は自前のエプロンで「ゴマ豆乳坦々鍋」を作り始め、恋人に料理を作ることもあり「この鍋も作ったことがある」と話す。

新井によると、働き始めた頃の給料が完全歩合制だったため「月給が6万円」で、さらに「西麻布に住んだ」と話し、かまいたちは「ウソでしょ!」とビックリ。新井は「母と一緒に西麻布に住むことになったんですよ。20平米でワンルーム。築30年以上。貯金切り崩しながらやってた」とのこと。

新井は下積みから抜け出たきっかけについて報道・情報番組「情報7daysニュースキャスター」(TBS系)のお天気のコーナーに抜擢されたことがきっかけだと話し、「人生が変わった気がする。当時のプロデューサーさんがどうしてもやって欲しいって言ってくださって。その人がいなかったらどうなってたか。怖い」と振り返った。