『星の子』DVD(Happinet)

 世界中が衝撃を受けた安倍晋三元首相の殺害事件から、2週間がすぎた。その犯人である山上徹也容疑者(41)が世界平和統一家庭連合(旧統一教会)のいわゆる「宗教2世」であり、母親の多額の献金などから家庭が崩壊したことが、動機に大きくかかわっていることも報じられている。

 もちろん、どのような理由があれ、容疑者のしたことは許されるはずがない。だが、それに至るまでの苦悩、その過程の重みを知ること、あるいは同様の問題に思考を巡らせるのは、意義のあることだろう。

 ここでは、その一助になるかもしれない、宗教2世の中学3年生の女の子の心理を丹念に綴った、今村夏子の同名小説を原作とした2020年公開の映画『星の子』を紹介しよう。詳しい理由は後述するが、本作はカルト宗教に限らない「信じること」についての難しさ、それでもわずかに残る希望を描いた、素晴らしい作品だった。具体的な作品の特徴や魅力を紹介していこう。

※映画『星の子』はNetflix、Prime Videoなどで見ることができます

◆「自分に責任がある」と思い込む主人公

 本作の物語は、未熟児として生まれた主人公・ちひろ(芦田愛菜)に対して「どうしていいかわからなくなった」両親(永瀬正敏・原田知世)の姿を描くことから始まる。彼らはやがて「宇宙のエネルギーを宿した水」を購入し、その力のおかげで娘が助かったのだと完全に信じきっていて、その過程は「奇跡の体験談」としてパンフレットにも掲載される。

 何よりも苦しいのは、両親が怪しい宗教にハマってしまった最初の理由が「娘が助かって欲しいと願う親の愛情」だったことだ。そして、中学3年生になった主人公もまた、自身が赤ちゃんの頃から病弱だったからこそ、両親がそうなってしまったのだとわかっているし、ともすれば「自分に責任がある」と思い込んでいるようにも見える。その両親と娘の、ある種の共依存とも言える関係こそが、「抜け出せない」理由になっているのだ。

◆「激烈な否定」が逆効果になる

 さらに辛いのは、母親の兄であるおじさん(大友康平)がそのことをずっと問題視しており、「荒療治」と言わんばかりの行動を起こすことだ。具体的なその方法や顛末は、実際に映画を観てほしいので秘密にしておくが、それが完全な悪手だったことは告げておこう。

 おじさんがやったことは、両親にとっては信仰心を侮辱する最低最悪な行為として映るし、それに加担したはずの主人公の姉も「訳がわからなくなって」おじさんを責めてしまう。信仰心への「激烈な否定」、転じて自分と異なる価値観への排他的な言動は、逆効果にもなりかねないとも思い知らされるのだ。

◆信じていた相手からの嫌悪感という絶望

 激烈な否定が逆効果を生むと思い知らされる辛い出来事が他にもある。それは、イケメンな数学教師(岡田将生)が、怪しい宗教そのものへの嫌悪感と蔑視をあらわにすることだ。

 中学3年生の主人公は、その数学教師に憧れを超えてほとんど恋をしていて、それもある種の「信仰」と言ってもいいほどだった。ノートに似顔絵やプロフィールを綴って、理想的な存在であると「信じて」いる時には、両親のことなどで悩んでいた彼女は救われているのだろうと、大いに伝わってきたのだから。

 だからこそ、そう信じていたはずの数学教師から激烈な否定を、しかも2度に渡って別の理由でされた彼女の絶望は、どれほどに深く苦しいものだっただろうか。心から彼女の気持ちをおもんばかってくれる親友の女の子、はたまたちょっとバカなことも言うクラスメイトの男の子の言葉が、彼女を支えてくれたのだが、もしもそうした存在がいなかったら、きっと彼女の心は壊れてしまっただろう。