クラウンエステート-アスリートV

写真拡大

―[腕時計投資家・斉藤由貴生]―

中古車は買値より高く売ることは難しい

 クルマ好きの腕時計投資家、斉藤由貴生です。私は、2004年に免許を取ってから、これまでに数十台のクルマを買ったり売ったりしてきたのですが、その中で「買った値段よりも高く売れた」という事例は多くありません。

 腕時計の場合、相場が動きやすい傾向があるため「買って⇒使って⇒高く売る」という難易度はそれほど高くないのですが、クルマはそんなにうまくいかないのです。

 中古車相場は基本的に「安くなる一方」ということが多いため、買った時よりも売るときに高くなったというケースは稀。もちろん、旧車のように本格的に古くなり希少価値が上がると、「高くなる」という事例が多くなるのですが、そうなるまでには数十年という時間が必要です。

 ですから腕時計投資家として、モノ投資に慣れている私でも「買った値段よりも高く売れた」というクルマはあまり多くありません。

◆認定中古車で購入したクラウンが…

 しかし今回、私はこれまでの自分史上、最もすごい成功体験を生み出すことに成功しました。

 これまで私が「買った値段よりも高く売れた」というクルマの場合、ヤフオクなどを利用して、個人売買で「高く売る」ということを実現していたのですが、今回は、なんと一般的な買取店に買い取ってもらって、高く売ることを実現できたのです。

 さらにそのクルマは、業者オークションなど、通常よりも安価な相場で買ったわけではなく、ディーラーの認定中古車で購入したという代物。一般的には、認定中古車は、中古車の価格として、最も高価な立ち位置となっているわけですから、それを買って買取店に持っていき「高く売れた」というのは、我ながら神業だと思っています。

 そして、さらにすごいのは、そのクルマを4年間所有し、4万km以上も乗ったという点。つまり、普段使いしていたわけですが、そうであるにも関わらず、今回「買った値段よりも高く売る」ということを実現してしまったのです。

 では、今回私が「買った値段よりも高く売った」のは、どの車種かというと、その答えは、トヨタクラウンエステートであります。

◆クラウンとして最後のワゴンタイプ

 クラウンエステートというクルマは、1999年に登場したクラウンのワゴンモデルなのですが、2003年にセダンのクラウンが「ゼロクラウン」へとモデルチェンジされた後にも販売され、結局2007年まで現行モデルとして存在していました。これがクラウンとしては最後のワゴンタイプであるため、いまだ根強いファンがいて、現在でもそこそこ見かけるクルマであります。

 そして、クラウンエステート最大のポイントは、強力なターボエンジンを搭載した「アスリートV」というグレードが存在する点です。このアスリートVには、1JZ-GTEというエンジンが搭載されているのですが、このエンジンを積む車種は、いずれも中古車相場が「高い」という傾向があります。

 なお、このアスリートVに搭載されている1JZ-GTEは、第2世代でありますが、これが搭載されているのは以下となります。

・マークII(100系) ツアラーV
・クレスタ ルラーンG
・チェイサー ツアラーV
・ソアラ 2.5 GT-T
・クラウン アスリートV
・クラウンエステート アスリートV
・マークII(110系) iR-V
・ヴェロッサ VR25
・マークII ブリッド iR-V

◆程度が良い車は400万円近い価格帯

 上記車種は、1996年頃〜2006年頃まで製造されていた車種。現在、こういった年式の中古車相場はあまり高いとはいえません。しかしがら、1JZ-GTEを搭載する車種は、いずれも中古車価格は高水準となっており、近頃、程度が良いモノは400万円近い価格帯となっている場合もあります。