訪問先のサウジアラビア・ジッダで開いた記者会見でせき込むジョー・バイデン米大統領(2022年7月15日撮影)。(c)MANDEL NGAN / AFP

写真拡大

【AFP=時事】新型コロナウイルス検査で陽性となったジョー・バイデン(Joe Biden)米大統領について、主治医は22日、症状は「改善」しており、血圧などの主要指標は引き続き正常だと発表した。

 主治医のケビン・オコナー(Kevin O'Connor)氏は大統領報道官に提出した文書で、バイデン氏は37.4度の微熱が出たが、解熱鎮痛剤のアセトアミノフェンを服用し、体温は正常値を維持していると説明。製薬大手ファイザー(Pfizer)が開発したコロナ経口治療薬「パクスロビド(Paxlovid)」の服用などを含む治療の結果は良好で、脈拍と血圧、呼吸数、酸素飽和度はいずれも「完全に正常なまま」だとした。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
中国主席、コロナ感染の米大統領にお見舞い
ウクライナ大統領夫人、ホワイトハウス訪問 バイデン夫妻が歓待
コロナワクチン接種後の月経変化 フランスが調査