家族同然の犬を10か月以上探し続ける男性(画像は『Flossie Come Home 2022年7月2日付Twitter「This is my Dad. He’s 91.」』のスクリーンショット)

写真拡大

このほど迷い犬ポスターを手にした91歳男性の写真がTwitterに投稿され、大きな話題を呼んでいる。行方不明になった犬はこの男性の娘の飼い犬だが、家族同然に犬を溺愛していた男性は10か月以上も見つからず意気消沈しているという。「愛犬を再びこの手に」という男性の切なる願いは多くの人の心に響き、イギリスの著名人も投稿を拡散して犬の捜索に協力しているという。『Metro』などが伝えた。

【この記事の他の写真を見る】

英ノーサンバーランド南東部ブライスにある駐車場付近にあった砂山で昨年9月2日、ギル・キーリーさん(Gill Keeley、61)とニック・キーリーさん(Nick Keeley)の愛犬であるボーダー・テリアのミックス犬“フロッシー(Flossie、3)”が姿を消した。ギルさんとニックさんはフロッシーが行方不明になって間もなく、駐車場付近のウサギの巣穴で犬がクンクン鳴く声を聞いたという報告を受けて、“ウサギの巣穴にはまって出られなくなっているのかもしれない”と考え、民間の協力を得て深さ5メートルに達するウサギの巣穴に内視鏡を入れて調べてみたり、フロッシーがいなくなった付近で火をつけて夜通し捜索を行ったりしたが見つからなかった。

愛犬が行方不明になってしまいギルさんとニックさんは悲しみに暮れていたが、さらに深い悲しみに打ちひしがれたのはギルさんの父親であるジム・スコットさん(Jim Scott、91)だった。

ギルさんは「フロッシーを溺愛していた父は犬に限らずどんな動物も愛しているので、フロッシーが行方不明になった時は私たちと同じように悲しんでいました。犬が行方不明になると、飼い主だけでなくその犬を知っている人など多くの人に影響します。父はよくフロッシーのためにおやつを用意し、フロッシーに会うのを心待ちにしていました。私たちはフロッシーを連れてひとり暮らしをしている父のもとによく遊びに行っていたので、父は本当に心を痛めているんです」とジムさんの消沈した様子を明かした。

フロッシーが行方不明になったことに大きなショックを受けたジムさんは、10か月以上が経った今も買い物に出るたびにフロッシーの姿を探し、ギルさんに会うたびにフロッシーが見つかったかどうか尋ねているという。

あまりにも落ち込むジムさんの姿を見たギルさんは、フロッシーの写真を載せた迷い犬ポスターを手にするジムさんの姿を撮影し、TwitterやFacebookなどのSNSに投稿した。作成した迷い犬ポスターには、フロッシーに関する情報を提供してくれた人やフロッシーを見つけてくれた人への報奨金として15000ポンド(約245万円)を用意していると記載されていた。

ジムさんの悲しそうな表情や報奨金の額が多くの人の目を引き、瞬く間に大きな話題を呼んだ。また多くの地元メディアに取り上げられ、英女優のブレンダ・ブレッシンさん(Brenda Blethyn)や英小説家のアン・クリーヴスさん(Ann Cleeves)など著名人もギルさんの投稿をシェアしてフロッシーの捜索の手助けを行った。

大きな話題となったことについて、ギルさんは次のように明かしている。

「投稿のシェア数や閲覧数を見るたびに数字が増え続けており、今回の投稿がこれほど多くの人の心に触れたことに驚いています。投稿をシェアするのには時間や労力、思考が必要で、ただクリックすればいいという単純なものではないと分かっています。このことを考えると多くの人のサポートには感謝しかありません。」

「私の父は91歳ですが、この年齢になると人生の中であまり多くのことが起こらなくなります。フロッシーは父が飼っていたわけではありませんが家族を失ったも同然で、この事実が多くの人の心の琴線に触れたのかもしれません。」

これだけ大きな注目を集めたが、フロッシーの発見に繋がる有力な手掛かりは得られていないという。フロッシーが盗まれた可能性も考えているというギルさんは「私たちはフロッシーを取り戻すということしか頭にありません。もし誰かがすでにフロッシーを見つけていてそのまま飼っていたとしても責めるつもりはないですし、『フロッシーを見つけた』と言って連れてきてくれればそれでいいのです。お願いですからあの子を返してください。望むのであればお金はここにあります。私たちはただフロッシーを取り戻したいのです」と悲痛な思いを訴えている。

画像は『Flossie Come Home 2022年7月2日付Twitter「This is my Dad. He’s 91.」』『Metro 2022年7月17日付「Pensioner, 91, offers £15,000 reward in hope of finding lost dog」(Picture: Triangle News)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)