「20年耐えて最高の結婚式を挙げた」とジェニファー・ロペス

写真拡大

ジェニファー・ロペスとベン・アフレックがおよそ20年を経て、多くのセレブ達が結婚式を行った「A Little White Wedding Chapel」で結婚した。2人はなぜラスベガスにある教会を選び、そこで結婚したのか? ジェニファーが言う「私たちが想像しうる最高の結婚式」とは?

【この記事の他の写真を見る】

現地時間16日、ジェニファー・ロペスとベン・アフレックはネバダ州クラーク郡で結婚許可証を取得後、教会があるラスベガスに飛び、真夜中に着いた「A Little White Wedding Chapel」で結婚した。ジェニファーは翌17日、自身のニュースレター「On The JLo」でファンに結婚したことを喜びいっぱいに伝えていた。

2002年に婚約した2人は当時「メディアの過剰報道」を理由に挙式を延期し、2004年に婚約を解消するに至った。当時の声明によると「3人の “おとり花嫁”を雇おうと真剣に考えていたこともあった」という。「楽しくて神聖な日であるはずのものが、私達や家族、友人達を台無しにするかもしれないと感じた」と発表された。

2人は昨年、再び恋に落ちてからはお互いに「もう結婚は待ちたくない」と決意したという。ある情報筋が英メディア『Daily Mail Online』に語ったところによると、「2人は心地良い関係を築き、一緒にいることがお互いを幸せにすると確信し、もうこれ以上結婚は待ちたくなかった」そうだ。

ジェニファーは2010年放送の英BBCのトーク番組『ザ・グラハム・ノートン・ショー(The Graham Norton Show)』に出演した際、メディアの過剰な報道が2人の関係を悪化させた原因のひとつだとしてこのように振り返っていた。

「メディアに注目されたことで、私達の関係は苦しくなったんだと思う。それだけじゃないけど…私達の関係の悪化の原因のひとつだっていうのは確かよ。」

またベンも昨年、米番組『ザ・ハワード・スターン・ショー(The Howard Stern Show)』に出演した際、2人の別離について次のように語っていた。

「私はひどく傷つき、怒り、そして馬鹿にされたように感じたんだ。メディアの注目は、私達の関係を壊した原因の50%くらいだと思う。」

過去に婚約解消を経験し、20年もの歳月を経て運命の再会を果たしたジェニファーとベンは、「誰にも邪魔をされず早く結婚したい」「二度と同じ過ちは繰り返したくない」という気持ちであったことは想像に難くない。「2人にとってプライベートな式を挙げることはとても重要なことで、結婚式が世間の見世物になることを望んでいませんでした」と関係者は米メディア『People.com』に伝えた。

米国では婚姻のための要件が50州の州ごとに異なる。結婚したい場合は結婚許可証を取得し、結婚式を行う必要がある。各州には結婚許可証を取得するための独自の要件があり、これには結婚許可証を申請する場所と方法、結婚するまでの待機期間があるかどうかの有効期間(有効期限が切れるかどうか)などが含まれる。

「結婚を待てなかった」ジェニファーとベンは待機期間がないネバダ州を選び、すぐに結婚できるラスベガスのセレブご用達で有名な「A Little White Wedding Chapel」で結婚式を挙げた。2人がどれだけ早く結婚したかったのかがうかがえる。

また2人の「控え目な結婚式」について「彼らはただ結婚したかった。だから結婚した。この結婚式は2人にとって理想的だった」と語った関係者の言葉は、ジェニファーの同レターで記されている通りである。

「私達はやり遂げました。愛は美しい。そして愛は忍耐強いことが分かりました。20年耐えたのです。最終的に私達が想像しうる最高の結婚式でした。私達がずっと前に夢見ていたものが、とてもとても長い間を経てついに実現したのです。それが私達が望んでいたそのものだったのです。」

ちなみにこの「A Little White Wedding Chapel」で結婚したセレブは、次の通りである。

・ニコラス・ケイジとリコ・シバタ(2021年)
・ジョー・ジョナスとソフィー・ターナー(2019年)
・ブリトニー・スピアーズとジェイソン・アレン・アレクサンダー(2004年)
・エヴァ・ロンゴリアとタイラー・クリストファー(2002年)
・アンジェリーナ・ジョリーとビリー・ボブ・ソーントン(2000年)
・リチャード・ギアとシンディ・クロフォード(1991年)
・デミ・ムーアとブルース・ウィリス(1987年)

画像3枚目は『Jennifer Lopez 2022年7月17日付Instagram「Sadie! #iykyk Go to On The JLo for all the deets.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 雨宮瑠亜奈)