恋人に浮気される、旦那に不倫される……そんな経験をすると心に大きな傷がつきますよね。浮気や不倫は到底許されることではありません。今回は過去の人気記事のなかから、浮気男が後悔した恐怖のLINEをまとめました。

浮気男が後悔した恐怖のLINE

(1)「浮気相手に使った金額分、好きに使わせてもらう」

「浮気相手が年下ということもあって、ほぼ僕がお金を出していました。でも同棲中の彼女はすべてお見通しだったようで、『浮気相手に使った金額分、好きに使ってから別れるね』とLINEが。本当に大金を使い込み、明細だけ置いて出ていきました」(29歳/金融)
同棲中は2人で将来に向けてお金を貯めていたよう。それが浮気相手のために使われていたなんて、怒るのも無理はありません。腹いせにお金を使ったとしても彼女が浮気されたという傷は癒えません!

(2)「手を出した子、私の友達だから」

「インスタで可愛い子を発見してDMを送って、本命彼女にバレないように付き合っていました。ある日『手を出した子、私の友達だから』と本命彼女からLINEが。浮気相手の子が僕のことをインスタにあげていたそう。インスタから始める浮気はバレやすいと思いました」(26歳/不動産)
浮気がSNSでバレてしまう時代に。世間が狭いことを実感します。皆さんも見知らぬ人からの怪しいDMには注意しましょう。

(3)「あの女性に忠告しといたから」

「浮気相手と都合よく遊んでいたのですが、僕がシャワーを浴びている隙にスマホを勝手に見られたようで……。後日、『〇〇くんに付きまとっている女性に忠告しといたから安心してね♡』とLINEが。彼女のインスタに『人の男に手を出すのはやめて!』とDMが入っていたらしく修羅場に」(26歳/メーカー勤務)
彼のスマホをのぞき見し、インスタまで特定。自分が浮気相手と知らず、本命彼女を浮気相手だと思ってDMを送ったようです。事の発端はすべて彼にあり!

(4)「バレたら大変なことになっちゃうね?」

「社内の女性と飲み会後、勢いでベッドインしたのをきっかけに都合よく遊ぶ仲に。その後、僕が婚約した話が社内に広まったとき、その子から『私たちの関係、バレたら大変なことになっちゃうね?』とLINEが。弱みを握られ、バラされたくないがために毎日機嫌を取る日々」(29歳/商社)
都合よく遊んでいたのは本人だけで、女性側は付き合っていると思っていたため怒りMAXに。新婚から不倫に手を染めるのはやめて……!

(5)「部長に話したから春には飛ばされると思うよ」

「社内に彼女がいるにも関わらず、会社の飲み会で後輩とワンナイトしてしまいバレました。バレた日に『部長にこのこと話したから春には飛ばされると思うよ。他の場所でがんばって』とLINEが。彼女が部長のお気に入りってこと忘れてた!」(28歳/保険)
案の定、春に降格し、地方へ転勤になったのだとか。社内での不貞行為は情報がまわるのが早い……自業自得といえるでしょう。

書いたのは

出典: 美人百花.com

美泉菜月さん

恋愛心理士、恋愛アドバイザー、メンタル心理カウンセラー。年間1,000人以上の夫婦を円満に導く夫婦アドバイザーとしても活躍。