※画像はイメージです/PIXTA

写真拡大

価格が10倍以上になる大化け株を「テンバガー」と呼びます。そのような銘柄を保有することは奇跡に近く、狙って購入することは非常に困難です。そのようななか、株式会社ソーシャルインベストメントの川合一啓氏は、テンバガーにこだわらなければ、資産を10倍にすることは十分可能だといいます。その方法について、みていきましょう。

短期でのテンバガー達成銘柄を見つけるのは非常に難しい

ここでは便宜的に、5年以内でのテンバガー達成を「短期」だと定義します。1銘柄が5年以内に10倍以上の価格になるのですから、この場合投資としては大成功です。

単純にある会社が5年で利益を10倍にするためには、1年に約58.5%ずつ利益を増やしていく必要があります。それも「複利で」です(最初の年に58.5%利益を増やしたら、次の年はそこからさらに58.5%増やし、それを5年繰り返すということです)。

このように短期で利益を10倍にするような急成長企業をみつけることは、まず困難です。すでに大企業になっている会社が5年でテンバガーを達成するのは難しいでしょう。(ただし、まだ規模が小さい急成長企業ならば、不可能とは言い切れません。)

また、株価というのは将来への期待が織り込まれるものですので、その企業の実態以上に株価が値上がりしてしまうことが多々あります。急成長企業であれば尚更です。

ですから、たとえ急成長を続ける会社をみつけられたとしても、実態と比べてはるかに株価が割高になっているため、その時点で株を買っても5年のあいだに株価が10倍になるかどうかはわかりません。ならない可能性も十分考えられます。

このように、短期でのテンバガー達成銘柄を見つけるのは、非常に難しいといえます。

長期でのテンバガー達成銘柄もなかなかない

では、10年や20年といったもっと長い期間みれば、利益が10倍になるほどの長期的成長を続けてテンバガーを達成する銘柄をみつけられるでしょうか。

実はそれも、非常に難しいといわざるをえません。

たしかに10年や20年かけて利益を増やしていく会社ならば、株価も常に上昇基調にあるため、買うタイミングを大きく間違えなければ、利益が10倍になるとともに株価も10倍になり、テンバガーを達成できるかもしれません。

しかし、そのように長い期間成長が続くかどうかは、未来のことですので誰にも予想できない、というのが正直なところです。

したがって、長期でのテンバガー達成銘柄を見つけるのもまた、非常に困難です。

テンバガーにこだわらなければ…「資産10倍」は可能

しかし、「1銘柄でのテンバガー達成」へのこだわりを捨て、どんな銘柄を売買してでも資産全体を10倍にしようとするならば、実は複利での長期運用によって十分可能です。

たとえば複利で年15%の運用を17年続ければ、元本は10倍以上になります。さらに、それが20%ならば13年、30%ならば9年で10倍以上になります。また、10%でも25年、5%でも48年で10倍以上になるのです。

ですから、みつけるのが非常に難しい1銘柄でのテンバガー達成にはこだわらずとも、投資を早く始め、利益を再投資して複利での運用を長期間続けることで、いずれ運用資産は10倍以上になるのです。毎年の運用利率が高ければ高いほど、達成のスピードはより早くなります。

よって、テンバガー狙いという「賭け」に出る必要はあまりありません。ただ、「これは」と思う銘柄に出会ったら、資金の一部を投じておくというのはありかもしれません。

株式会社ソーシャルインベストメント 取締役CTO

川合 一啓