ソニーの高画質&高音質技術を投入、ゲームプレイの没入感を高める

写真拡大

ソニーは、ゲーミングギアの新ブランド「INZONE(インゾーン)」から、液晶ディスプレー2モデルおよびヘッドセット3モデルを2022年7月8日から順次発売する。いずれも、同社が長年培ってきたという高音質や高音質を追求したノウハウと最新技術を盛り込む。

ディスプレーは27型4KとフルHDの2モデル

ゲーミング液晶ディスプレーは「M9」と「M3」の2モデルを用意。いずれも27型サイズで、色彩豊かで高コントラストな映像を、高いリフレッシュレートと1ミリ秒の応答速度で表示できる。

DisplayPort 1.4×1、HDMI 2.1×2、USB Type-C×1、同Type-C×1、同Type-A×3などの豊富な入出力インターフェイスを装備する。

「M9」は4K(3840×2160ドット)解像度と144Hzのリフレッシュレート。直下型LED部分駆動により美しいグラフィックを描き出し、プレイヤーの没入感を高める。

市場想定価格は15万4000円前後(以下全て税込)。

22年内発売予定の「M3」はリフレッシュレート240HzのフルHD(1920×1080ドット)解像度で、競技性の高いシューティングゲームなどに適するという。

ゲーミングヘッドセットは2.4GHz/Bluetooth対応のワイヤレスモデル「H9」、同「H7」、有線モデル「H3」3モデルをラインアップする。

いずれも立体音響技術「360 Spatial Sound for Gaming」を搭載し、ゲームプレイ中に壁の向こうや視界の外に潜む標的も、わずかな音でいち早く察知できる。長時間のプレイでも快適なヘッドクッションとイヤーパッドを採用する。

市場想定価格は、「H9」が3万6000円前後、「H7」が2万9000円前後、「H3」が1万2000円前後。