素朴で真面目でありながらも、ユーモアあふれる人柄の良さから、世界的な人気を誇るキアヌ・リーブス。目撃情報が出る度に、ファンや出くわした人に快く対応する姿が話題になってきたキアヌだけれど、新たに空港で出会った少年と粋なやりとりがあったことが明らかに。

F1イギリスグランプリを現地で観戦していた、キアヌ・リーブス(57歳)。雨の中でも構わず、濡れながらサーキットのすぐそばで観戦を楽しみ、さらにレース会場で行われたインタビューでも大興奮している様子が捉えられ「本物のファンだ」と、話題になったばかりの彼。

その後、ロンドンからニューヨークへ飛行機で移動したキアヌは、ニューヨーク到着時の手荷物受取所で出くわした少年から質問攻めにあっていたそう。その一部始終を、テレビプロデューサーのアンドリュー・キンメル氏が目撃しており、Twitterで二人のやりとりについて明かしている。

「ロンドンからニューヨークへの便で、キアヌ・リーブスと一緒になった。そしたら、荷物受け取り所で少年がキアヌのもとにやってきて、サインと矢継ぎ早に質問を投げかけたんだ。それに対してキアヌは、快くすべてに応えていたよ」

「どうしてロンドンにいたの?」「F1の会場にいたよね?」「キアヌも運転するの?」「ニューヨークに住んでるの?」「どうしてニューヨークに住んでるの?」「どこに泊まるの?」などと、次々に素朴な質問を投げかけた少年。

全ての質問にキアヌは答え、ドキュメンタリーを撮影するためロンドンにいたこと、そしてF1の観戦をしたこと、さらにニューヨークには5日間滞在予定でデヴィッド・マメットのブロードウェイ『アメリカン・バファロー』を見る予定であることなどを明かしたそう。

約8時間も飛行機に乗った後で疲れているはずのキアヌ。丁寧に質問に答えるだけでも人柄の良さが伝わってくるけれど、聞ける質問がなくなってしまった少年に対し、今度はキアヌ側から質問を投げかけたという。「どうしてヨーロッパに?」「パリではどこの美術館に行ったの?」「どこが良かった?」などと聞き、二人は会話を楽しんだそう。

二人の会話をTwitterに投稿しようとした経緯について、アンドリュー・キンメル氏は、次のように綴っている。

「これ以上ないというほど、キアヌは優しかったんです。それも国際線から降りたばかりなのにですよ。彼は本当に一流の人ですし、(少年にとっては)こういった出来事が人生を大きく変えると思うんです。だからシェアすることにしました。世界にはもっとキアヌのような人が必要だからね」

目撃情報が出る度に、その人柄の良さで人々の心を温めるキアヌ。少年にとって、一生忘れられない夏の思い出になったに違いない。