6号2ランを放ったカブス・鈴木誠也【写真:ロイター】

写真拡大

鈴木は前日のランニング本塁打に続き、この日は技ありの決勝2ラン

■カブス 8ー3 ブルワーズ(日本時間6日・ミルウォーキー)

 カブスの鈴木誠也外野手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたブルワーズ戦で2試合連発となる決勝の6号2ランを放った。見逃せばボール球という内角球に対し、うまく体を回転させて左翼ポール際へと運んだ一発。これには同僚も「信じられないよ」と舌を巻いた。

 カブス向け放送局「マーキー・スポーツ・ネットワーク」ポストゲーム番組で、イアン・ハップは「彼を見たかい?」と笑顔。「彼は12インチ(約30.5センチ)もプレートから外れた球でも本塁打にして当然だと僕は思ってるよ」と高い技術を称えた。

 前日4日(同5日)の激走ランニング本塁打に続き、この日は技ありの一発。左手薬指の故障から復帰後2試合連発と存在感が際立つ鈴木には、同僚も一目置いている。(Full-Count編集部)