メッツのジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】

写真拡大

右肩炎症で離脱中のデグロムが傘下1Aチームに合流すると…

 2度のサイ・ヤング賞を獲得するなど“地上最強”とも称されるメッツのジェイコブ・デグロム投手の剛速球を、捕手目線で捉えた動画にファンが注目している。「スローモーションでも速い」「爆発的な剛速球」「本当に素敵」とコメントが集まった。

 デグロムは現在、右肩甲骨の炎症で戦線離脱中。3日(日本時間4日)には1Aセントルーシーの試合に先発。球速100マイル(約160.9キロ)を連発し、未来のメジャーリーガーを相手にしなかった。1回2/3を投げ、すべてのアウトを三振で奪う快投を披露した。

 セントルーシーが公式ツイッターに公開した動画は、練習中の場面とみられる。マウンドに立つデグロムの後ろには、多くのマイナーリーガーがじっと投球を“見学”していた。デグロムの投球が魅力的なのはファンも同じで「投手陣全員がくぎ付けになっている様子がいいね」「スローモーションで見てもリリースポイント見えない」「これは魅惑的」とコメントがついていた。(Full-Count編集部)