DeNA・石川達也【写真:町田利衣】

写真拡大

横浜高で甲子園出場、法大4年時に左手首を骨折する不運も

 DeNAは5日、本拠地・横浜スタジアムで予定されていた中日戦が雨天中止。この日の話題は育成選手として入団し2年目を迎え、6月23日に支配下登録されていた石川達也投手が初めて1軍に昇格したことだった。横浜市出身で、横浜高時代に甲子園出場を果たしている“純粋ハマっ子”左腕に、今後の野球人生を左右するチャンスが訪れた。

 石川はこの日、2軍のイースタン・リーグ巨人戦が行われた川崎市のジャイアンツ球場で1軍昇格を告げられ、急きょ横浜スタジアムに駆けつけた。「正直言って、びっくりしています」と目を白黒させつつ、「やっとチャンスが回ってきたという気持ちと、必死に食らいついてシーズンが終わるまで1軍にいたいという思いの、両方があります」と胸中を明かした。

 ここにこぎ着けるまでには、紆余曲折があった。横浜高3年の夏、現楽天の藤平との2枚看板で2016年夏の甲子園に出場した。法大進学後もドラフト候補と目されていたが、4年生となった4月、鉄棒を使ったトレーニング中に着地に失敗し、利き手の左手首を骨折。1年間を棒に振り、育成選手としての入団に回らざるをえなかった。

 プロ2年目の今年、3月6日のオリックスとの1軍オープン戦(横浜スタジアム)に呼ばれ、2イニングを1安打3奪三振無失点に抑えた時には、三浦大輔監督が「支配下登録するかどうかは、俺ではなく球団が決めることですが、あれだけ堂々と2イニングを投げ切ったわけですから……」とほれ込み、支配下登録は間近と思われた。

三浦監督「活躍を期待しているし、それだけのポテンシャルを持っている」

 しかし、朗報はなかなか届かず。6月23日にようやく支配下登録を勝ち取り、背番号も101から2桁の95に変更。それから13日目に初の1軍昇格となった。

 三浦監督は「ファームで投げている映像は見ていましたし、支配下登録されてから、ちょこちょこ打たれたのも見ていますよ」といたずらっぽく笑う。確かに、支配下登録された時点ではイースタン・リーグで今季14試合1勝0敗2セーブ、防御率0.42と抜群の数字だったが、その後の4試合で4回1/3、3失点。防御率1.40と1点近く悪化していた。直近登板の3日のイースタン・リーグ、ロッテ戦(横須賀)でも、延長10回に登板し、四球をきっかけにピンチを背負い、犠飛で決勝点を許して今季初黒星を喫していた。

 それでも三浦監督は「1軍のマウンドに上がった時にどんなボールを投げるのかという、楽しみの方が大きいです。活躍を期待していますし、それだけのポテンシャルを持っていると思う」と目を細める。チェンジアップ、カーブなどの変化球のキレもさることながら、140キロ台中盤のストレートで相手打者の内角をグイグイ突く投げっぷりの良さが、いかにも“ハマの番長”こと三浦監督好みだ。

 DeNAのリリーフ陣は5日現在、伊勢がリーグ最多の37試合、エスコバーが同2位の36試合、田中健も同4位タイの32試合に登板し、負担が大きい。石川にはその救援陣の一角としての役割が求められている。「育成で入って、支配下になるまでにも大変な努力をしてきたと思う。投げたくてウズウズしているだろうから、出番が来たら、プロ初登板で思い切って今までやってきたことを発揮してほしい」と語る三浦監督の熱い視線を受け、石川が生き残りをかけて1軍のマウンドに上がる。(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)