暑い季節でもペルチェ素子でスマホをクールダウン

写真拡大

スマートフォン(スマホ)アクセサリーなどを手がけるエアリア(東京都世田谷区)は、スマホを発熱から守る冷却ファン「M-S9 MS-COOLG」を2022年7月5日に発売。

ホルダー「BASMA」も同日発売

冷却電子部品のペルチェ素子による冷却方式を採用。従来のファンによる送風だけでなく電気の流れの制御で温度調整を行い、室温より低い温度で素早く冷却するため、プロセッサーやバッテリーを安定動作させられるという。

伸縮ホールド式でしっかり固定でき、幅約65ミリ〜約85ミリまでの各種スマホに対応。固定する箇所にはシリコンパッドを備える。現在の温度を表示する内部温度センサーを装備する。

バッテリーは非搭載で、電源供給は付属のUSB Type-Cケーブルでスマホと接続して行う。背面ファンには7色のグラデーションに変化するLEDを内蔵する。

市場想定価格は4400円前後。

また、バスルームやキッチンなどの水回りに設置できるスマホホルダー「BASMA(バスマ) MS-BATH1」を同日発売する。

マグネットおよび粘着貼り付けの2通りの固定方法を用意し、背面のアタッチメントで縦/横に固定が可能。完全密閉型ではなく音声をさえぎらないほか、収納したままタッチ操作もできる。

市場想定価格は1900円前後。