【短期連載】離島から甲子園出場を叶えた大島高校のキセキ 第2回

連載第1回はこちら>>


今年春のセンバツで初戦敗退を喫した大島高校ナイン

無情のセンバツ初戦敗退

 3月23日、明秀学園日立(茨城)とのセンバツ初戦。大島高校は塗木哲哉監督の指揮のもと、当日の朝までポジショニングの確認をしていた。

 大島には「初めての場所に弱い」という弱点があった。

 奄美大島という離島の高校ゆえ、島外に出る機会は限られる。幼少時からよく知る者同士で人間関係は濃い反面、内弁慶な気質がある。島外の遠征に出ると、まずその場所に慣れるのに時間がかかってしまうのだ。植直之副部長は言う。

「この子たちは『マーキング』しないと力が出せないところがあります。去年の秋の九州大会を勝てたのも、鹿児島大会で(試合会場の)鴨池に慣れていたのが大きかったんです」

 2014年春に21世紀枠で初めて甲子園に出ているとはいえ、当時を知る関係者は選手として甲子園の土を踏んだ泊慶悟コーチくらい。塗木監督は「鹿児島には甲子園のようなすり鉢状の球場はない」と、警戒感を深めた。「甲子園ベスト8」を目標に掲げ、文句ない実績を残してコマを進めた二度目の甲子園。独特な風や景色について情報を集め、入念に準備をしていた。

 だが、結果は非情だった。フライの打球判断など、外野陣にミスが続出。序盤の大量失点へとつながり、試合の趨勢は決した。試合後、塗木監督はこんなコメントを残した。

「今朝までどう守るか研究し、模索してきましたが、どうしても『慣れなかった』という結果になってしまいました。甲子園球場の特性を知識として知っていただけで、体感できていなかった。普段なら捕れていた打球でも、独特の球場の雰囲気、景色のなかで捕り損ねてしまいました」

 コロナ禍の影響で出場校に割り当てられる甲子園練習がなく、初めての場所に慣れる時間が短かったという逆風もあった。だが、相手も同じ条件下での戦いであり、言い訳にはならなかった。

 大会後、主将の武田涼雅は島に帰ると周囲から次々と「甲子園は楽しかった?」と聞かれたという。アルプススタンドには多くの島民が押し寄せ、背中を押してくれた。その快感や感謝はあるものの、武田の内面を占めたのは「後悔」の感情だった。

「最後は自分の併殺打で終わっていますし、悔いが残っています。甲子園にはやり残ししかない。もう1回、あそこに戻るための糧にしています」

チームに充満する不穏な空気

 だが、チーム内にはふわふわと落ち着かないムードが充満していた。大会前から「離島の奇跡」と注目され、多くのメディアで取り上げられた。なかには「甲子園に出られただけで満足」という雰囲気の選手もおり、夏に向けてリベンジを期す選手との温度差が広がった。

 センバツ直後に出場した春の九州大会は、初戦で小林西(宮崎)に3対8で逆転負け。まさにチーム状態はどん底だった。

 その敗戦を受けて開かれた選手間のミーティングで、事件が起きる。サードを守る前山龍之助が、エースの大野稼頭央を「苛立ちを表情に出すなよ!」と叱責したのだ。

 誰もがチームの大黒柱は大野だと認めていた。最速146キロの快速球に、キレのあるカーブ、スライダー、チェンジアップを操る左腕。プロスカウトも注目し、メディアからの取材も圧倒的に大野が多い。いつしかチーム内で、大野に対して指摘しづらい雰囲気が流れていた。その空気を打ち破ったのが前山だった。

「みんな大野に言えなかったんですけど、誰かが言わないといけないことなので。僕もマウンドでの態度に頭にきていたので、自分が言うしかないなと。仲間同士と言っても、仲良しごっこでやってるわけじゃないので」

 ほかにも、控え外野手の白畑勝喜郎も「主力メンバーの前日の過ごし方に緊張感がなかった」と厳しく指摘した。塗木監督が「優しくて気になるところを指摘し合えない」と嘆く選手たちは、変わろうとしていた。前山からの言葉を受け、大野はこう語る。

「打ち込まれてムキになって、ストライクが入らなくなって......。自分に対して苛立ってしまって、自分のせいで負けてしまいました。龍之助に言われて、感情を表に出さないようにしようと反省しました」

 5月開催のNHK旗争奪鹿児島県選抜大会も初戦で鹿児島高に敗れ、2022年に入って公式戦で勝てない状況は続いている。それでも、主将の武田は「少しずつチームは変わってきています」と前を向く。

 塗木監督は選手たちを前に繰り返し伝えていることがある。

「最後は3年生の盛り上がり、テンションだよと。県内上位校の試合を見ても、テンションで押されてヒットが続くシーンがよくあります。成熟しきったチームは(高校野球では)あまりないだけに、最後はテンションで勝てる試合を勝ちきるしかありません」

 チーム全体が集大成の夏へと気持ちを高ぶらせるなか、深い悩みの渦中にいる選手がいた。甲子園で手痛いミスを犯した、外野手の青木蓮である。

(つづく)