7月19日に開幕するE−1サッカー選手権。現在ほとんどのA代表メンバーがヨーロッパ組で占められている森保ジャパンにおいて、国内組だけで臨まなければならい今大会と、どのように向き合えばいいのか。

 これまでの森保一監督の発言に照らし合わせれば、4カ月後のカタールW杯のメンバー選考の場として考えるのは難しいというのが現状だ。実際、W杯経験組の長友佑都、酒井宏樹、大迫勇也の3人は、すでに指揮官が招集の対象外としている。

 その一方で、今月上旬にウズベキスタンで開催されたU−23アジアカップで3位に輝いたU−21日本代表メンバーのなかからも、森保監督は数名の選出を明言している。彼らは2024年パリ五輪を目指すメンバーだけに、そこには中期的な選手育成を目的とした招集の狙いが見え隠れする。

 要するに、選手選考という視点に立てば、今大会の位置づけは極めて曖昧なのだ。少なくとも、カタールW杯との関連性は極めて希薄というのが実際のところだろう。

 とはいえ、森保監督自身にとっては、W杯本番までに残された数少ない実戦の場であることは間違いない。対戦相手は、香港、中国、韓国。過去の例から見ても、特に韓国戦で失態を見せるようなことがあれば、カタールW杯に向けて逆風にさらされることは必至だ。

 しかも、今大会は中国が開催をキャンセルしたことで、急きょ、日本開催になった。これまでも、森保監督は「ホームではどんな試合でも勝たなければいけない」と繰り返し述べてきただけに、勝つための采配が求められる。

 そんな状況で臨むE−1選手権に向けて、どのようなメンバーを招集すべきか。ここでは、すでに招集対象外とされたベテラン3人を除く国内組と、U−21代表の有力選手をミックスした23人を独断でセレクトしてみる。


「代表に選ばれて当然」の声もある鈴木優磨(鹿島アントラーズ)

GK
権田修一(清水エスパルス)、大迫敬介(サンフレッチェ広島)、鈴木彩艶(浦和レッズ)

DF
山根視来(川崎フロンターレ)、中谷進之介(名古屋グランパス)、谷口彰悟(川崎フロンターレ)、安西幸輝(鹿島アントラーズ)、常本佳吾(鹿島アントラーズ)、西尾隆矢(セレッソ大阪)、古賀太陽(柏レイソル)、小池龍太(横浜F・マリノス)

トップ下候補は脇坂泰斗と満田誠

MF
稲垣祥(名古屋グランパス)、樋口雄太(鹿島アントラーズ)、藤田譲瑠チマ(横浜F・マリノス)、岩田智輝(横浜F・マリノス)、脇坂泰斗(川崎フロンターレ)、相馬勇紀(名古屋グランパス)、毎熊晟矢(セレッソ大阪)、満田誠(サンフレッチェ広島)、藤井智也(サンフレッチェ広島)

FW
細谷真大(柏レイソル)、鈴木唯人(清水エスパルス)、鈴木優磨(鹿島アントラーズ)

 まず、GKは代表正GKの権田を筆頭に、6月の代表戦4試合では出場機会がなかった大迫、そしてU−21代表でも活躍した鈴木の3人。

 DFでは、右SB山根、CB谷口の代表常連組に、過去にも招集経験のあるCB中谷。左SBには鹿島でフル稼働している安西が有力候補だ。その他、本職は右SBながら左SBもこなす横浜の小池、持ち前の守備力に加えて攻撃面でも成長している鹿島の右SB常本も、国際試合で試してほしい戦力。控えCBとしては、今年1月の代表合宿にも参加したセレッソの西尾が当確で、前回のE−1で代表デビュー済みの柏の古賀も、今季のプレーを見れば招集に値するだろう。

 中盤は4−2−3−1を想定し、ボランチに4人を選出した。すでに代表デビュー済みの稲垣に加え、横浜で活躍中の岩田とU−21代表でも活躍した藤田、そして新天地の鹿島でも抜群の才能を発揮している樋口だ。鹿島ではボランチに定着している樋口は複数ポジションをこなせるユーティリティ性はもちろん、どのポジションでも攻撃の起点になれるのが強み。中盤の低い位置でクリエイティブさを発揮してほしい。

 2列目には、トップ下候補として川崎の脇坂と広島の満田をチョイス。脇坂はボランチ起用も可能だが、よりゴールに近い位置で使いたい。もちろん、4−3−3を採用する場合はインサイドハーフが適任だ。また、広島で5ゴール4アシストとブレイク中の大卒ルーキー満田は、攻撃的MFでありながら献身的なプレーができるハードワーカー。攻撃センスにも溢れ、このまま成長を続ければ代表に定着できる能力を秘めている。

 ウイングには、左に東京五輪組の相馬、右には新天地C大阪でも才能を発揮する毎熊、そして主戦場は右WBながらウイングでもプレー可能なスピードスターの広島の藤井を選んだ。藤井は、左でもプレーした経験もあるだけに、相馬と左右入れ替えることも可能だ。

 そしてFWは、鹿島の上田綺世がベルギーに旅立つことになったため、U−21メンバーの鈴木と細谷の若手を抜てきしつつ、これまで森保監督が招集されていない鈴木優磨をセレクト。ベルギーでの実績はもちろん、鹿島復帰後の鈴木のパフォーマンスについては説明の必要がないくらいに目を見張るものがある。選ばれて当然の選手と言えるだろう。

 いずれにしても、E−1最大の注目は、選手起用を含めた森保監督のベンチワークとなる。カタールW杯との関連性が低いため、基本布陣は4−2−3−1が有力視されるが、そのなかで適材適所を見つけ出し、勝つための采配を見せられるかに注目したい。