1948年・木下恵介監督、1962年・市川崑監督と名だたる巨匠が映画化してきた島崎藤村・不朽の名作『破戒』。60年の時を経て、往年の名作が再び映画化され、7月8日(金)丸の内TOEIほかにて全国公開されることが決定。



主人公・丑松を気迫溢れる様子で演じ上げたのは、近年、映画『東京リベンジャーズ』やドラマ『ファイトソング』(TBSテレビ)、『ナンバMG5』(フジテレビ)に出演するなど、多彩な活躍が目覚ましい若手俳優・間宮祥太朗。自らの出自に苦悩し、そして最後にはある告白をする難役に気迫の演技で挑み、観る者を惹きつける。


相手役・志保を演じるのは若手女優の中でも特に演技への評価が高い石井杏奈。丑松に恋心を寄せつつも、なかなか思いを告げられない控えめな女性を演じる。


悩める丑松を支える親友・銀之助役に、出演作のオファーが相次ぐ若手俳優・矢本悠馬。さらに、眞島秀和、高橋和也、竹中直人、本田博太郎、田中要次、石橋蓮司、大東駿介、小林綾子など日本映画界を代表する名優たちが顔を揃える。


脚本は『クライマーズ・ハイ』『孤高のメス』『ふしぎな岬の物語』で数々の受賞歴を誇る巨匠・加藤正人と『バトル・ロワイアルII鎮魂歌』の木。


この度、石井杏奈が共演者の間宮祥太朗らについて語ったインタビュー映像と、新たな場面写真が解禁された。今回解禁された場面写真では、下宿先で奉公する姿のほか、間宮祥太朗がインタビューで「セリフではない目線だけのやり取りでしたけど、言葉以上に語りかけてくることが多くて印象に強く残りました」と語った見つめ合うふたりのショットも初解禁となっている。さらに石井は、本作の撮影を振り返り、こう語っている。


――志保役を演じて

志保の控えめだけど、芯の強さや、負けん気のあるところは演じていて楽しかったです。丑松さんに恋をしていくシーンも、勇気を振り絞って一歩踏み出す志保が見えるので、演じていてやり甲斐のある役でした。


――間宮祥太朗さんと共演して

初めて間宮さんとお会いしました。ずっと京都で撮影していて、京都での間宮さんしか知らないので、私の中では「間宮さんは丑松さんだ」と思いながらオンの時もオフの時も接していました。


――竹中直人さんと共演して

竹中さんが落語をするシーンがあるのですが、みんな拍手喝采するくらいの上手さで、度肝を抜かれました。直接竹中さんとお会いできて、お芝居を間近で見させていただいて、とても感動しました。


――『破戒』のテーマについて

明治時代の話ですが、現代に通じるものがたくさんあります。SNSが主流の世の中で、見えない差別がたくさんあって、傷つく人がたくさんいる現状でもあるので、この作品を通して同世代の方に人に思いやりを持って接することの素晴らしさを、自分のありのままで生きていく素晴らしさを伝えられたらいいなと思います。


――観てほしいポイント

ひとつの物語の中で様々な人が成長していく作品でもありますし、悪い人すらも愛おしくなるような作品になっているので、この作品を観て多くの人に一歩進む勇気を与えられたらいいなと思います。


■映画『破戒』

7月8日(金) 丸の内TOEIほか全国公開

配給:東映ビデオ

©全国水平社創立100周年記念映画製作委員会