風間八宏のサッカー深堀りSTYLE

第6回:遠藤航(シュツットガルト/日本)

独自の技術論で、サッカー界に大きな影響を与えている風間八宏氏が、国内外のトップクラスの選手のテクニック、戦術を深く解説。第6回は、日本代表の不動のボランチとして定着した遠藤航のプレーを取り上げる。ブンデスリーガでデュエル王となっている球際のプレーは何かすごいのか、分析してもらった。

◆ ◆ ◆

ボールを奪うテクニシャン

 森保ジャパンの発足以来、チームに欠かせない不動のボランチとして活躍してきた遠藤航。6月に中3日の強行軍で行なわれた日本代表4連戦では、キャプテンの吉田麻也とともに全試合でスタメン出場を果たすなど、その存在感は増すばかりだ。

 そんな遠藤の最大の特徴が、球際の強さである。2019年から所属するシュツットガルト(ドイツ)では、直近2シーズンで"デュエル王"の座に君臨。つまり、1対1の勝負において、ブンデスリーガでナンバーワンの強さを数字として残しているというわけだ。


ブンデスリーガのデュエル王。日本代表でも欠かせない存在の遠藤航

 従来の一般論では、日本人選手は外国の選手と比べてフィジカル的な部分で劣っているとされてきたが、遠藤はそれを覆したと言っても過言ではない。そんな遠藤のデュエルの強さについて、風間八宏氏はどのように分析するのか。

「多くの人は、強さ、あるいは力によってボールを奪っているかのようなイメージを持っているかもしれませんが、遠藤の球際の強さというのは、決して力に頼っていない。まずは、そこを誤解してほしくないですね。

 もちろん、力強さがないと言っているわけではなくて、よく見てみるとわかると思いますが、遠藤の場合は球際でのうまさが際立っています。相手の懐に入る技術、相手の動きを止める技術、そしてボールを奪う技術が高い。だから、球際で力と力のぶつかり合いになるような体の当て方はしていません。

 デュエルと聞くと、どうしてもお互いが10と10の力でぶつかり合うような印象を受けてしまうかもしれませんが、実は球際の攻防では、足を出さないほうがボールを奪えることもあれば、敢えて相手にボールを触らせるほうが奪いやすいケースもあります。時には、相手のボールに向かうのではなく、先に相手の体に当たって動きを止めてからボールを奪う場合もある。そこには、高度な技術と判断力が潜んでいます。

 たとえば、ベルギー代表のロメロ・ルカクが10のパワーで来ている時に、10の力で対抗しようとしてもなかなか勝てない。でも、ルカクの力が5の時にこっちが10のパワーを使えば絶対に勝てる。

 遠藤は、そういったことをよく理解していると思います。そういう意味では、デュエル王という表現よりも、ボールを奪うテクニシャンという表現のほうが適切なのかもしれませんね」

 力ではなく、テクニック。確かに遠藤がボールを奪うシーンを見てみると、ボールホルダーに対して複数回のアタックから奪うシーンもあれば、背後から身体を入れて奪うシーン、あるいは相手の体に触れずに奪うシーンなど、そのテクニックは実に多彩だ。

眼が優れている

 その技術の高さに加え、風間氏は遠藤が持つもうひとつの特長を指摘してくれた。

「ひと言で言えば、眼が優れているということ。彼はそれほど身長が高いわけではありませんが、空中戦も強いですよね。なぜかと言えば、ボールがどこに落下するかがよく見えているからです。

 おそらく動体視力も相当に高いと思いますが、ボールの動きを見る力が予測力となって、ヘディングの競り合いで勝てるわけです。そこには、当然ながら相手の動きを見る力も含まれてきますので、そういったボールや相手の動きを見極めるスピードが速い、という言い方もできるかもしれません。

 たとえば、ブンデスリーガの昨シーズン最終節で遠藤が決めたヘディングシュートなどは、その典型例だと思います。あのコーナーキックの場面で、遠藤があのポジションにいたのは偶然ではなくて、ボールや相手の動きを素早く見極めたうえで、予測してあのポジションに入っていった。眼が優れているというのは、そういうことです。

 少なくとも、普通の選手とは違った特別な眼を持っている選手と言えるでしょう。そういう意味では、前回紹介した伊東純也の武器が走る速さだとすれば、遠藤の武器は眼の速さだと言えますね。

 しかも、遠藤は戦術眼も優れている。シュツットガルトでのプレーを見てわかるように、中盤の低いエリアだけでなく、最近は前に出て行っても同じようにボールを奪う力を発揮できるようにもなりました。それは、前のエリアでもしっかり視野を作れているからです。

 視野を作ることは、意外と難しいものです。なぜなら、何を見るかという目的がなければ視野は作れないからです。しかし、遠藤は何を見るかがわかっているから、どのエリアでも視野を作れるうえ、そのスピードも速い。その速さがあるというのは、イコール、頭がよいということ。だから、ドイツでデュエル王になれたのだと思います」

森保ジャパンのバロメーター

 そうなると、期待したくなるのはカタールW杯。日本代表チームのヘソでプレーする遠藤が、ドイツやスペインといった強豪を相手に、どれだけの仕事ぶりを見せてくれるのか、という点だ。

「現在の日本代表を見る時、遠藤の周りの選手が、遠藤とどれくらいの距離にいるかを見てみると、チームの状況がわかりやすいと思います。遠藤がたくさんボールを受けている時、相手を捕まえられている時は、チームがよい状況。逆に、ボールに関われない、相手を捕まえられない時は、チームが苦しんでいるサインになります。

 それは、遠藤個人のパフォーマンスが悪いというより、周りの選手との距離の問題だと見ていいと思います。それも含めて、遠藤が日本代表のバロメーターであることは間違いありません」

 6月の4連戦では、とくに最後のチュニジア戦で、風間氏が指摘したような、チームが苦しんでいるサインが見て取れた。そのような状況を作らないために、森保一監督はどのような工夫をするのか。

 カタールW杯を戦ううえで、そこがひとつのポイントになりそうだ。

遠藤航
えんどう・わたる/1993年2月9日生まれ。神奈川県横浜市出身。湘南ベルマーレユース時代の2010年にトップチームでデビューし、6シーズンプレー。2016年からは浦和レッズ、2018−19シーズンからヨーロッパへ渡り、ベルギーのシント=トロイデンで2シーズンプレー。、2019年からはドイツのシュツットガルトへ。この2シーズンはリーグのデュエル勝利数で1位になるなど活躍。日本代表は2016年リオ五輪、2021年の東京五輪と2大会に出場。A代表は2015年にデビューし、2018年ロシアW杯のメンバーに。森保ジャパンでは中盤の欠かせない存在としてプレーしている。

風間八宏
かざま・やひろ/1961年10月16日生まれ。静岡県出身。清水市立商業(当時)、筑波大学と進み、ドイツで5シーズンプレーしたのち、帰国後はマツダSC(サンフレッチェ広島の前身)に入り、Jリーグでは1994年サントリーシリーズの優勝に中心選手として貢献した。引退後は桐蔭横浜大学、筑波大学、川崎フロンターレ、名古屋グランパスの監督を歴任。各チームで技術力にあふれたサッカーを展開する。現在はセレッソ大阪アカデミーの技術委員長を務めつつ、全国でサッカー選手指導、サッカーコーチの指導に携わっている。