ものまねタレントの原口あきまさが、明石家さんまとの初対面エピソードを明かした。

【映像】『7.2 新しい別の窓 #52』

 『7.2 新しい別の窓 #52』では、「ものまね座談会」と題したコーナーが展開され、原口のほか、松村邦洋、ミラクルひかる、JPが登場した。その中で「ご本人との初対面エピソード」というトークテーマが設けられると、原口はたびたびものまねをしているお笑い怪獣・明石家さんまとのエピソードを求められた。

 原口がさんまと初めて会ったのは、あるものまね番組の本番前。研ナオコから「ちょっと会わせたい人がいる」と声を掛けられ、スタジオ内の楽屋に連れて行かれると、その中にはさんまがいたという。

 さんまは原口の顔を見て「出たっ!」とリアクション。原口が「すみません、いつもやらせてもらってます!」と挨拶すると、さんまは「知っとるわ。お前のものまねを見ているといかに俺がテレビ向きかがわかるわ」と返事したそう。原口は「結局、自分の評価だった(笑)。見てくれていたという衝撃はあったけれど、やっぱりこの人自分の事が大好きなんだなと思いましたね」と笑いながら振り返っていた。

 さらに原口はとんねるずの石橋貴明との初対面についても言及。ものまねついて「完璧」と、親指を立てて評価してくれたそうだ。
(ABEMA『7.2 新しい別の窓 #52』より)