ガーシー東谷氏VS楽天・三木谷会長 バトル勃発で参院選への影響

写真拡大 (全2枚)

現在、暴露系ユーチューバー『ガーシーch』の東谷義和氏と楽天の三木谷浩史会長の”バトル”ともとれる争いが“全面戦争”になりつつある。

きっかけは6月26日のこと。東谷氏はインタグラムでライブ配信をおこなった際に、“暴露”というよりはリップサービス的な雰囲気で、

「ある企業のM社長が、戦争で大変な状況のウクライナの女性を集めて…」

と話したのだ。イニシャルで、名指しされたわけではないにもかかわらず、三木谷氏はこのツイートへの反論ともとれる、以下のようなツイートをした。

《何が言いたいの?ウクライナの人が戦争で苦しんでるときに、戦争を忘れてあげようと思ってパーティしちゃいけないの?ハイエナか、お前は。》(原文ママ)

この反応に東谷氏は激怒し、緊急ライブ配信を行い、”パーティ”の詳細について話し始めた。東谷氏の主張によれば、そのパーティには東谷氏の内通者が参加していたようで、パーティ中に「ガーシーに見つかったらえらいことになるね」と現場で笑っていたという話まで暴露した。

興味深いのは、この三木谷氏とのやりとりのあとに、ガーシーの周辺に異変が起きたこと。東谷氏本人や周辺のツイッターアカウントが立て続けに凍結されたのだ。

「ガーシーは有名俳優の乱れた写真を投稿して凍結されたものの、すぐに新アカウントを開設して復活させましたが、そちらも2日連続で”BAN”されました。埒があかないとして、ガーシーのスタッフに代わりにアカウントを作らせたのですが、そちらもなんの悪さをしていないのにBANされたんです。

さらにガーシーと懇意にしているIT企業『FC2』の創業者である高橋理洋氏も一時凍結となった。原因は不明ですが、タイミングがあまりにも重なっていると話題になっています」(スポーツ紙記者)

おそらく、凍結の直接的な理由は別のところにあるはずだ。しかし、現在、東谷氏は7月10日に投開票が迫った参院選にNHK党から出馬している。彼の選挙戦略にも影響は出てくるだろう。また、彼の矛先が芸能界から経済界へ向いたことによって、今後、意外な影響が出てくるかもしれない。

「今までは綾野剛さんや新田真剣佑さんなど、芸能人の女性問題や金銭問題の暴露でしたから、東谷氏のことは政治とは遠い存在と軽く見ていたのは事実です。ですが、誰もが知るスター経営者である三木谷氏にまで矛先が向かうとはだれも思わなかった。新たな分野で話題を作ったわけですが、これも選挙活動に関係があるのかどうか、と様々な憶測が飛んでいます」(政界関係者)

参院選の投票日までは約1週間。東谷氏は有権者を驚かすような“暴露”を仕掛けるのだろうか――。