パチンコ必勝ガイド(ガイドワークス)のライターとして活躍する「ちょび」さん。ライター活動を始める前は、専業のパチプロとして10年間活動していた
写真/セールス森田

写真拡大

◆稀有な「女流パチプロ」の存在

 パチンコで勝ち続けることは簡単なことではないが、プラス収支を積み重ねている「パチプロ」は今も存在している。昨今のパチンコ人口減少やコロナ禍の影響で減っているようだが、一般的な仕事を全くしない「専業プロ」も、まだまだ存在しているようだ。

 しかし「女性の専業パチプロ」というのは、パチンコ業界で活動していた筆者も、あまり聞いたことがない。そもそも遊技人口の約8割が男性とも言われており、パチンコ店にはプロ以前に女性が少ないのである。

 ただ、パチンコ業界でも有名な「女流パチプロ」がいることをご存知だろうか。現在は『パチンコ必勝ガイド』などでライター活動をしている「ちょび」さんだ。彼女は、凄腕の男性パチプロから「ちょびには勝てない」と言わしめる程、女性随一のパチプロといえる存在だろう。パチンコライターとなる以前は、10年もの間「専業プロ」として活動していた彼女に、女流パチプロならではの話を伺った。

◆“ジグマ”パチプロとの出会い

 そもそもなぜパチンコを始め、なぜ勝ちを真剣に追い求めるようになったのだろうか。そのルーツを聞くと、「思わぬ出会いが人生を左右しました」と語った。

「大学1年生のころ、当時付き合っていた人にパチンコ店へと連れて行かれました。もちろん勝ち方なんかわからず、最初は『パチンコって勝てるのかな?』と思っていましたね。

その時よく行っていたお店では、出玉とか貯玉のランキングが店の壁に張り出されていたんです。そこで常に1位に君臨しているおじさんがいました。“のほほ〜ん”としたおじさんだったんですけど、たしかにいつ見ても後ろに玉を積んでいたので、『勝つためには何かがあるんだろうな』と思い、その人に声をかけてみたんです。『すみません、どうやって勝つんですか?』って……。

そのおじさんは、基本的に同じ店でしか打たない“ジグマ”と呼ばれるプロで、勝ち方を聞いてきた私に『勝ち方を知りたかったら黙ってジャグラーを3か月打ってみろ。この店のクセがわかるようになるから』と、パチプロとしての第一歩となる知識を教えてくれたんです。そこからは、その人がいれば声をかけて、勝つためのさまざまなことを教えてもらうようになりました。後に連絡先を交換して、10年以上経った今でもその人と連絡をとっています。最近の収支はさすがに厳しくなってきていると言ってましたが、それでも今も専業プロとしてやっているみたいです」

◆レディースデイが熱かった時代

 パチンコ業界は2011年に広告宣伝が規制され、「◯がつく日が熱い!」といった、わかりやすい広告が打てなくなった。しかしそれ以前は、各パチンコ店がさまざまなイベントを行なっており、一部店舗では女性しか打てないコーナーを設ける「レディースデイ」があったそうだ。

「パチンコ店のイベントが規制される前は『レディースデイ』をやっている店がありました。その日だけ『女性専用コーナー』ができて、そこの台がとにかく甘かったんです。例えば『今日は冬ソナ全台が女性専用』みたいな感じで、女性が好きそうな台が女性専用となるんですが、もう明らかにほかの台よりも優秀な台が並んでいまして……。レディースデイをやっている店を探して、そこを目指して行ったこともありました。

でも、自分以外でレディースデイを狙っていたパチプロは見たことなかったです。女性のプロが少ないからこそ、甘く扱えていたのもあると思います」

◆「男性だったら出禁です」と言われたことも

 続けてちょびさんは、「パチンコ店ではレディースデイ以外にも、“女性だから得をしたこと”があった」と語った。