【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングは、チェルシーへの移籍が間もなく決定することになるのかもしれない。英紙『デイリー・メール』などが報じている。

 リバプールから2015年に加入したシティで得点力を大きく開花させ、主力としてチームの好成績に大きな貢献を果たしてきたスターリング。だが近年は絶対的な存在ではなくなり、移籍も噂される状況となっていた。

 そのスターリングに対してはチェルシーが正式オファーを提示し、シティとの間で盛んに交渉を進めているようだ。合意に向けて順調に進んでおり、チェルシーは今週末のうちに取引をまとめたい考えであるとも伝えられている。

 移籍金は4500万ポンド(約74億円)で合意に達するとの見通し。スターリングはチェルシーと4年契約を交わすことになると見込まれている。

 チェルシーはさらに、シティからオランダ代表DFナタン・アケとウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコの獲得にも関心を示していると報じられる状況。プレミアリーグの上位を争うライバル同士で大型移籍が成立するのだろうか。

text by 編集部