「魔性の女」吉田羊に弄ばれた超ベテラン俳優の告白「私のこと口説いてくれないかな」「一緒に京都に行かない?」と…

写真拡大

 とある女優に「心をぐちゃぐちゃにされた」──。

 あざといテクニックに翻弄された過去を打ち明けたのは、俳優・吉田鋼太郎だ。

 問題の「あざとい女性」については苦手どころか、むしろ「大好き」だという吉田。しかし、半年間にわたって魔性の女優に心を弄ばれた経験もあるという。

 それは6月26日放送の「あざとくて何が悪いの?」(テレビ朝日系)でのこと。

 吉田はかつて「美しくて聡明な女優さん」と2人きりで食事をしていた際、その女優から「みんなが綺麗って言ってくれて嬉しいけど、誰も本気では口説いてくれないの。誰か私のことをちゃんと口説いてくれないかな」との悩みを「僕の方をじっと見つめて言ってきた」と回想した。

 この思わせぶりな発言に、「もう、心がぐちゃぐちゃになりましたね。半年悩みましたもん。本当なのか、あざとさなのか…」

 この女優については、別のエピソードも。

「2人でバーで飲んでいた。僕がタバコを吸うので、申し訳ないから離れたところで吸おうとした。そしたら『鋼太郎さん、どこ行くの?いいのよ、嫌いな人のタバコは嫌だけど、好きな人のタバコは気にならない』って」

 その後、吉田は16年に一般女性と結婚したが、

「そしたらある番組で『鋼太郎さん、結婚されましたね。私なんか振られちゃったみたい』っておっしゃってた」

 一連のやり取りを聞いていた番組MCの山里亮太は「ちょっと待って!誰よ!?」と興味津々な様子だった。

 この告白を受けてすぐに浮上した「魔性女優」が、吉田羊だった。

「というのも、吉田は18年4月に『しゃべくり007』(日本テレビ系)で『吉田羊』と実名を挙げた上で、『羊ちゃんは絶対、俺に気があると思う』と後輩らに吹聴していたことを自白していたからです」

 こう振り返るのは、テレビ誌記者である。

「吉田羊から『鋼太郎さん、一緒に京都に行かない?』と誘われたエピソードも紹介していました。その際『ホテルは?』と聞くと、彼女は『一緒でいいんじゃない』と答えたといいます。ただ、念押しで『部屋は?』と尋ねると『もちろん部屋は別よ!』と返され、しょんぼり。ただ、2人っきりのバーでのタバコのエピソードや『誰か口説いてくれないかなぁ』と相談された事実については自信満々な様子で、しゃべくりメンバーからも『脈アリ』だった可能性を指摘されていました」

 そんな吉田の夢がむなしくも破壊されたのは、1週間後に放送された同じく「しゃべくり007」でのことだった。

 テレビ誌記者が続ける。

「当事者である吉田羊をゲストに迎え、鋼太郎からの片想いエピソードの真相に迫ることに。前回のオンエアを確認したという吉田羊は『鋼太郎さんがおっしゃっていたことは大体、本当』だとしつつ、『好きな人の煙は気にならない』というエピソードは『私の中では人間的に好きな人なら大丈夫って意味で。鋼太郎さんに対しては、そういう意味合いもあったんです。男性的な好きではなくて』と説明。さらに『誰か私を口説いてくれないかなぁ』と嘆いて鋼太郎の顔を見つめたというのも、たまたまそのタイミングで鋼太郎の後ろのドアから人が現れ、それを確認しただけだと一蹴。しまいには、鋼太郎から仮に交際を申し込まれたとしても『すいません!って言います』と答えていました」

 コトここに至って、男の欲望は木っ端微塵に粉砕されたのだった。