iPhone14に搭載されるTSMC製チップの発注が10%削減されるとの報道に対して、著名アナリストのミンチー・クオ氏が否定的な見解を示しています。

iPhone14の発注数引き下げの報道に否定的見解

AppleがiPhone14の予定出荷台数を1億台から9,000万台へと下方修正したのに伴い、TSMCへの発注数も削減された、との報道に対してミンチー・クオ氏(@mingchikuo)はTwitterで、「私の調査結果とは異なる」とコメントし、iPhone14の出荷台数が大幅に引き下げられるとは考えにくいとして以下のように述べています。
 

2022年後半(7月〜12月)のiPhone14出荷台数が10%削減されるというのは、クオ氏の調査結果とは異なる。9,000万台から1億台の間という出荷台数予測に変わりはなく、部品や製造請負業者についても同様

 

AppleがiPhoneの出荷計画を数%程度の範囲で調整するのは一般的で、この傾向は量産前の新モデルについても言える

 

Appleが発売後の需要やフィードバックを得る前に、新型iPhoneの出荷計画を大幅に(10%以上)変更することは滅多にない

 

サプライチェーンの問題により量産前の新型iPhoneの出荷計画の大幅な見直しを余儀なくされる場合、Appleは通常、発注を減らすのではなく延期する

 

これらのAppleの傾向は、iPhone以外の製品にも当てはまる

 


 

中国でのiPhone14需要はiPhone13より強い、とクオ氏

iPhone14についてクオ氏は、中国市場での需要はiPhone13シリーズよりも強いとの見解を明らかにしています。
 
日本ではiPhoneシリーズを含むApple製品の販売価格が為替レート調整の影響で上昇しましたが、MM総研はアメリカでの物価上昇や物流コスト上昇などにより、iPhone14シリーズの価格がさらに高くなるのではないかと予測しています。
 
 
Source:郭明錤(Ming-Chi Kuo)/Twitter
Photo:FRONT PAGE TECH/YouTube
(hato)