【写真:Getty Images】

写真拡大

 ポルトガル1部のサンタ・クララに所属していた日本代表MF守田英正は、スポルティングCPへの移籍が1日に発表された。強豪クラブへの飛躍に向けた第一歩となったのが、サンタ・クララでのデビュー戦で叩き込んだ劇的決勝ゴールだった。

【動画】守田英正、ポルトガルでいきなりの衝撃弾がこちら!

 守田は圧倒的な力でJ1を席巻していた川崎フロンターレの主力として活躍したあと、2021年1月に海外挑戦をスタート。冬の移籍市場でサンタ・クララに加入し、1月25日に行われたアウェイでのリオ・アヴェ戦に先発して欧州デビューを飾った。

 サンタ・クララは前半に先制点を奪ったが、リオ・アヴェも食野亮太郎が直後に決めてすぐに同点に追いつく。1-1のまま試合は終盤を迎え、ピッチ上は濃い霧に覆われていったが、劇的な形で試合を決めたのが初出場の守田だった。

 中盤から駆け上がった守田は右サイドからの浮き球パスを受けると、バウンドしたボールに右足を振り抜く。GKの伸ばした手の先を越えたボールがゴール左隅に突き刺さり、サンタ・クララに6試合ぶりの白星をもたらす決勝点となった。

 そのまま不動のレギュラーに定着した守田は2年目も主力として活躍し、ポルトガル“3強”の一角への移籍を勝ち取ることになった。スポルティングでも良い形でスタートを切ってポジション確保へアピールしていきたいところだ。

text by 編集部