藤川京子

写真拡大

 昨年の1、2、3着は、前走がプリンシパルS4着、皐月賞12着、青葉賞13着で決まりました。基本的には前で競馬をする馬が有利だというデータもありますが、全部がそうだった訳ではないので後方待機も侮れません。今回のメンバーだとホウオウノーサイド、フェーングロッテン、タガノフィナーレが前に行きそうですが、過去10年では前走が1200m、1400mの馬は複勝圏内に入っていませんでしたので、ホウオウノーサイドは苦しいのかもしれませんが、斤量で見れば53kgは馬券に絡みやすいので十分あり得ると思います。

 全体的に見ると前走が1800m以上を走って来た馬で、むしろ2000m以上の方が良さそうで、特に前走が2400mは出走頭数から見れば高確率です。そうなるとオウケンボルトが前で競馬をすることが多いので、1800mなら持ちこたえられそうで斤量52kgとチャンスだと思います。

 それと前走が2000mで5着だったグランディアですが、タイム差は0.2秒ですから、1着との着差は僅かですから穴になりそうです。それとボーンディスウェイはハナは切りませんが、2、3番手で様子を窺っていると思いますから、前走はGIですから大敗しましたが、これは無視して良いと思います。また、前走がGIだったクロスマジェスティも斤量が53kgですから、チャンスがあります。

 しかし、メンバーを見渡すと前々で競馬をする馬が、第一候補の3頭以外にもスタートが決まればそのまま行きそうな馬も多いので、想定以上に速くなれば後方待機の馬たちにもチャンスが出て来るので、サトノヘリオスが差し込んで来るはず。前々の3頭で決まることは少ないですから、逆にチャンスなのかもしれません。馬券は前、前、後ろのボックスと、1、2番手を外した中団以降の展開をする馬で組み合わせます。

ワイドBOX 12、6、2、
ワイドBOX 9、1、4
ワイドBOX 5、11、13、
ワイドBOX 8、3、6