「美しすぎる女子野球選手」として世間の注目を集めた加藤優さん(27)。2016年に女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」に入団し、2021年8月に現役引退するまでの5年間、“女子プロ野球界の顔”として活躍し続けた。

【画像】 “美しすぎる女子野球選手”と呼ばれた現役時代の黒髪ユニフォーム姿も…加藤優さん27歳の写真をすべて見る(17枚)

 そんな彼女に現役引退の経緯や、「美しすぎる」という肩書きに抱いた葛藤、女性アスリートに向けられる“視線”への思いなどを詳しく聞いた。(全2回の1回目/2回目に続く)


加藤優さん ©末永裕樹/文藝春秋

◆◆◆

2021年8月に女子野球を引退して「解放された」感覚

――2021年8月に現役引退された経緯を改めて教えてください。

加藤優さん(以下、加藤) 2019年11月に女子プロ野球リーグの埼玉アストライアを退団したあと、横浜DeNAベイスターズでスクールコーチをしたり、女子チーム作りに取り組んだりしていました。

 ただ、コロナ禍になって女子チーム作りがうまくいかなくなってしまって……。そのタイミングで、株式会社GOOD・JOBの女子硬式野球部からお声がけを頂いたんです。それで2021年1月から半年間プレーして、夏の全国大会が終わった8月に引退を決めました。

――5歳から21年間野球を続けてきたなかで、野球から離れた心境はいかがですか。

加藤 野球をしているときは、オフシーズンもずっとトレーニングをしていたんですよ。でも引退したあとはそれをしなくてもいいので、「解放された」感覚です。

――引退してから始めたことは?

加藤 以前から「引退したらファッションを楽しみたい」と思っていたんです。野球をやっていると、現役中はどうしても下半身の筋肉がついてしまって、細身のズボンが太ももやお尻で止まってしまう。だから今は、そういうズボンを穿けるようにダイエットしています(笑)。

――引退前に少し話を戻しますが、2020年12月には、女子野球ワールドカップの日本代表を決める選考合宿を受けて落選されたそうですね。未練はないのでしょうか。

加藤 未練は一切ないですね、気持ちいいくらいに。高校3年生のときにも日本代表のトライアウトを受けたんですけど、当時は力不足を感じてすごい悔しかった。

 でも2020年に選考会を受けたときは、自分の力を全部出せました。「日本代表選手に負けてないな」と思う部分も見えたりして、選手としての成長を実感できましたね。だから挑戦できて、すごく良かったです。

「美しすぎる野球選手」と名付けられた高3時の心境

――加藤さんが「美しすぎる野球選手」として取り上げられ始めたのは、高校3年生時に受けた日本代表のトライアウトがきっかけでしたよね。

加藤 そうです。確か、Yahoo!ニュースにその肩書きが載ったんですよ。当時、何も知らずにそのニュースのコメント欄を見てみたら、“とんでもないこと”がバーッと書かれていて。「自分のニュースのコメント欄を見ないほうがいい」というのを知らなかったんです。

 そのコメントを見たあとは、メンタルが“フワフワした感じ”になってしまいました。でも、自分ではどうしたらいいのかわからなくて……。そのときは合宿中だったので「とりあえず合宿に集中しなければ」と思って乗り切りました。

――コメント欄には良いことも悪いことも書かれていた?

加藤 いや、ほとんどが「美しすぎないでしょ」みたいな悪口でした。「ああ、こんな世界があるんだ」と思ってびっくりしたのを覚えています。

入団テストに受かったときは、嬉しさより安堵感

――ご家族や周りの人たちの反応はいかがでしたか。

加藤 家族や友だちは「美しすぎる」と名付けられたことをいじってきましたね(笑)。でもそれで心が軽くなりました。

――以降、加藤さんには何かとその“肩書き”が付いて回ることになります。

加藤 私が埼玉アストライアの入団テストを受けるときも、ニュースが出てしまって。本来は誰がテストを受けるかは報道されない予定だったんですけど。

 入団テストの当日は「ニュースで取り上げられたのに、受からなかったらどうしよう」とプレッシャーを感じていましたね。受かったときは、嬉しさより安堵感のほうが強かったです。

――思わぬ形で容姿が注目されたことに、悩みや葛藤は。

「これが女子野球のレベルか」と勘違いされるのが嫌だった

加藤 プロになったらお客さんを集客しなきゃいけない面もあるじゃないですか。そういう部分で、私の肩書きが役に立ったことは事実だと思います。メディアに出させていただいたり、いろんなイベントに呼んでいただいたりしたので。

 でもやっぱり、ちょっとしんどい時期もありました。例えば私がプロ1年目のときはまだまだ実力が伴っていなくて、チームの中でも私よりうまい人がたくさんいた。それなのに、メディアに出るのは私だった。

 そうすると、私を見た人たちに「これが女子野球のレベルか」と勘違いされてしまう。1年目や2年目はそれが嫌でしたね。だから「選手としてレギュラーの座をつかみ取って、結果を出していくしかない」と思っていました。

メンタルコーチとの出会い

――メディア露出が増えたことで、ご自身のプレーに影響はありましたか?

加藤 1年目は勢いだけでがむしゃらに頑張れていたんですけど、2年目は苦しんだ時期がありました。いろいろなメディアに出させてもらったり、夜遅くまでイベントに行ったりする中で、体力的にきつくて。「まだまだ結果が出てないから、練習しなきゃいけないのに」という焦りもあったんです。

 本当はそういう状況もプラスに変換できれば良かったんですけど、私はすごくネガティブになってしまった。だからメンタルが腐りきった状態でしたね(笑)。

――どうやってその状態から抜け出したのでしょう。

加藤 イベントに出ているとき、SNSで話題になっていたメンタルコーチの方と出会ったんです。そこからその方にコーチングしてもらうようになって、メンタルが大きく改善されていきましたね。

 私は周りを見て焦って、自分のペースを乱すタイプだったんです。でもコーチングによって「自分のやるべきことだけに集中する」という意識に変えたら、メンタルの浮き沈みがなくなって。練習にも打ち込めるようになって、自然と結果が出るようになっていきました。

――世間から注目されることへの考え方も変わりましたか。

「良いことも悪いこともあった」と振り返る理由

加藤 活躍できるようになってからは、そういうのもうまく活かせていたかなと思います。少しずつメンタルに余裕が出てきていたので。

――現役時代を振り返ってみて、「美しすぎる女子野球選手」と呼ばれたことをどのように捉えているのでしょう。

加藤 私のことだけを考えれば、その肩書きは要らなかった。でも、いろいろな人に女子野球を知ってもらうためには、必要なことだったのかなと思います。個人的には、「良いことも悪いこともあったな」と両面から捉えていますね。

 それに私がそうやって取り上げられることで、女の子が野球を始めるきっかけになったり、誰かの目標になったりしていたかもしれない。もしそうなっていたら嬉しいですね。

男女でプレー環境が少しずつ変わっていけばいいな

――スポーツ界では女性アスリートの容姿や体型ばかりが注目されてしまうこともあります。そういった傾向に対して、1人の経験者としてどのような部分に課題を感じますか。

加藤 女性アスリートのプレーを見てもらうためには、見せ方の工夫も必要なのかなと思います。女性の場合は体力面でどうしても男性に勝てない部分があるから、同じ競技をしていても少し迫力が劣ってしまう。でもだからといって、女子スポーツが面白くないわけでは絶対にないんです。

 例えば野球だと、今は男性も女性も同じグラウンドでプレーしています。そうなると、女性の場合は男性よりホームランの頻度が減ってしまうんですよ、力の差があるので。でも、女子野球のときはフェンスを前にしてホームランを出やすくすれば、プレーが注目されやすくなりますし、迫力があって観客も盛り上がりますよね。

――環境面を変えれば、周りの見方も変えられる可能性がある、と。

加藤 もちろんルールや環境を変えるのは難しいことだと思っています。でも、すでに男女でコートの距離や大きさなどが違うスポーツもありますよね。個人的にはそういうのは良いことだと思っているので。ほかのスポーツも、少しずつ変わっていけば良いなと思います。

写真=末永裕樹/文藝春秋

「容姿や体型じゃなく、実力で注目してほしい」“美しすぎる”と呼ばれた元女子野球選手(27)が、指導者として世間に伝えたいこと へ続く

(「文春オンライン」編集部)