中学受験塾に小学校低学年から入る動きが加速している。プロ家庭教師集団・名門指導会代表の西村則康さんは「これまで通り、新4年生から(小3の2月入塾)で大丈夫ですが、入る前に、学力の土台となる力をつけておくことが必要です」という。その学力の土台とはいったい何か――(前編/全2回)。

※本稿は、『プレジデントFamily 中学受験大百科2022』の一部を再編集したものです。

撮影=プレジデントオンライン編集部

■導入編 知っておいてほしい受験事情

中学受験準備の低年齢化が進んでいる。塾によっては小学校の低学年で満席となっている校舎もあるという。これまで開成、麻布、桜蔭などの最難関中学に2500人以上を合格させてきたプロ家庭教師集団・名門指導会代表の西村則康さんのもとには、低学年や未就学の子供を持つ保護者から「いつから塾に入れたほうがいいか」といった質問が寄せられるそうだ。実際、何年生から中学受験の勉強を始めるとスムーズだろうか。

「新小学4年生から、つまり3年生の2月から塾に入るので十分です。大手塾は低学年用のカリキュラムを作っていますが、本格的な中学受験のカリキュラムが始まるのは3年生の2月から。低学年から始めないと遅れるということはありません」

ただしその入塾前に、学力の土台となる力をつくっておくことが必要だと西村さんは言う。では低学年のうちにつくっておきたい学力の土台とはどういったものだろう。西村さんは“実体験”と“算数と国語の基礎学力”(後編で詳述)だと話す。

「中学受験は親世代のときとは違い、知識や解法を暗記するだけではなく、学んだ知識や解き方を“どのように活かせるか”を考える力が問われるようになっています。大学入学共通テストで『思考力』『判断力』『表現力』が重視されるようになり、中学入試問題も変化しています。そのため、試行錯誤したり、いろいろな人と話したりした実体験が重要になっています。実体験が豊富なら新しい知識を学んだときに『なるほど!』という納得感が生まれやすくなるのです。算数や理科、社会で生活に密着した場面が題材になり、知識をどう使うかといった問題が増えています。こうした力が育っていないと高学年で成績が伸び悩みます。また算数の計算や国語の漢字も毎日少しずつやっておくことをおすすめします」

■偏差値や順位に振り回されないで

準備を始める前に、保護者に中学受験の現状を知っておいてほしいと西村さんは言う。それは、中学受験をする子供たちの学力レベルが非常に高いことだ。

『プレジデントFamily 中学受験大百科2022』

「ちょっと頑張れば偏差値60を取れると思っていたり、偏差値50を切るとがっかりしてしまったりする親御さんは結構います。しかし、中学受験をするのは学校のテストで常に100点を取れる子が多い。ほとんどが90点以上を取る子供たちです。そんな子たちの母集団の中で偏差値60を取るのは非常に大変なことはわかっておいてほしい。ある推定では中学受験の偏差値60は、高校受験では73ほどの超難関レベルに相当するといわれています。模試の中でもハイレベルで知られるサピックスの模試では偏差値50が高校受験における70以上です。つまり、中学受験で偏差値50というのは、かなりの学力があるということです」

入塾後、期待していた偏差値が出ず不安になってしまう保護者は多い。西村さんが「低学年から塾に行かせる必要はない」と考える理由の一つは偏差値や順位が出ることで右往左往してしまう親が多いことだ。

「はっきり数字で表れるので、子供よりも保護者が気にして不安になってしまう。でも低学年の模試と入試では問題がまったく違いますし、偏差値も別物だと思ったほうがいい。塾によっては4年生からは満席で入れないところもあるようですが、早くから親御さんがお子さんの偏差値に一喜一憂してしまうことでお子さんが勉強嫌いになるリスクもあるのです」

■実体験編 いろんな遊びで数や言葉の感覚を

西村さんは、子供がいろいろな実体験で得た感覚が学力の土台になるという。

「『ホールケーキ3人や5人で等分に切り分けるのは難しい』とか、『10円玉を100枚集めたら千円札1枚と同じ』など、食事や買い物といった生活の場面で得られる感覚です。この感覚が身についている子は、問題文を読んで答えるときにも、単に数字を処理するのではなく、頭の中に具体的なイメージをつくりあげられます」

この感覚があるかないかで、学習の理解の深さは違ってくるそうだ。

とはいえ毎日、習い事や体験講座に連れて行くというのではなく、日常の何でもない体験にヒントがある。たとえば遊びに目を向けてみよう。

「工作や折り紙、お絵描きなら空間認識力や線対称や点対称といった図形の勉強につながります。トランプをすれば数字にも親しめるし、戦略を考えると論理力もつきます。たとえば神経衰弱なら、裏返したカードの数字と場所を覚えておく必要があるので、短期記憶が鍛えられますよね。この短期記憶はテスト問題に出てきた数字や言葉を解答用紙に書き写すといったときにも役立つ大事な力です」

■習い事や体験講座以上に大切なこと

また外遊びのかけっこなら「速く走れば短い時間でゴールする」「目的地までに何通りもルートがある」といったことが自然と身につく。

ゲームをしたりテレビを見たりすることも悪いことではないが、そればかりでは、経験の幅は広がらない。

「低学年はまだ親と一緒に何かをやるのが楽しい年頃。放っておくとスマホやゲームばかりやってしまうという子は、親ができる範囲でボードゲームやキャッチボールに誘ったり、工作を一緒にやったりするといいでしょう」

写真=iStock.com/ziggy_mars
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ziggy_mars

■お手伝いは絶好のチャンス

さらに西村さんは、家事の手伝いもすすめる。

「忙しいと子供にやらせるより自分がやったほうが楽と感じる親御さんは多いかもしれませんが、お手伝いこそ、物事の段取りを考えたり、優先順位を判断したりする力が身につくいい機会です。お手伝いの方法や習慣を子供に身につけさせるまでは大変かもしれませんが、子供が家事の戦力になると親は助かりますよね。玄関の靴を揃える、朝起きたらカーテンを開けるといった簡単なところから子供にまかせてみるといいですよ」(以下、後編へ)

----------
西村 則康(にしむら・のりやす)
中学受験のプロ家庭教師「名門指導会」代表/中学受験情報局 主任相談員
40年以上難関中学受験指導をしてきたカリスマ家庭教師。これまで開成、麻布、桜蔭などの最難関中学に2500人以上を合格させてきた。
----------

(中学受験のプロ家庭教師「名門指導会」代表/中学受験情報局 主任相談員 西村 則康 文=加藤紀子)