ロシアのプーチン大統領は「ウクライナ東部のロシア系住民が虐殺されている」と主張し、ウクライナに侵攻した。神戸学院大学の岡部芳彦教授は「私は過去に16回、東部のドネツクを訪ねたが虐殺とは縁遠い長閑な地方都市だった。しかし、ロシアは戦争の下準備として、かなり早い段階からこうした情報工作を行っていた」という――。

※本稿は、岡部芳彦『本当のウクライナ 訪問35回以上、指導者たちと直接会ってわかったこと』(ワニブックスPLUS新書)の一部を再編集したものです。

写真=iStock.com/Zeferli
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Zeferli

■「私はロシア人だ」と言うウクライナ人に会ったことがない

2013年から14年にかけて、EUとの連合協定締結を拒否したウクライナのヤヌコーヴィチ大統領(当時)に反発する抗議デモが警察・機動隊と衝突した末に、同政権を失脚させたマイダン革命が起こりました。

その隙をついてロシアがクリミアを占領し、東ウクライナでは実はロシア軍が主体である「親露派武装勢力」とウクライナ軍の間で戦闘が起こり、8年にも及ぶ戦争が始まります。2014年8月のイロヴァイシクの戦い、2015年1月から2月にかけてのデバルツェボの戦いを経て、ロシア側に有利な戦況の下でミンスク合意が結ばれたものの散発的な戦闘が止むことはありませんでした。

2009年から2013年の間に、東部のドネツクに計16回訪れましたが、少なくとも僕は、「私はロシア人だ」と自分から言う人に出会ったことはありません。もちろん、「多様な国」ウクライナなので、ロシアを支持する人もいるでしょう。ただ、少なくともウクライナ国籍者で「ウクライナに住むロシア人」だと言う人に会ったことは全くありません。

■ロシア人だと教え込まれ、戦場へ向かった子供たち

ドネツクは現在ロシアが主張するジェノサイドとは縁遠い長閑な地方都市に過ぎませんでした。ロシアに後押しされた一部の住民や社会のアウトサイダー、そして旧共産党幹部などが、その出世欲からドネツクとルガンスクに偽の共和国を作り、8年にわたり、この地のウクライナ人を抑圧的に支配してきたのが実態です。

また、2019年6月からは2つの人民共和国地域でロシアの国籍の付与、つまり旅券の「配布」も始まっており、プーチン大統領のいう、「東ウクライナのロシア系住民」は巧妙に作り出されてきたということになります。

また、その地域の子供たちは、急に「人民共和国民」とされて、自分たちはロシア人だという教育を8年間受けています。当時10歳だったとすると今は18歳となり、徴兵されて、マリウポリに送り込まれたりしています。

■2014年、日本で目にしたロシアの「下準備」

マイダン革命が起こった2014年は僕にとっても不思議で、またもどかしく、苦い経験が数多くあるとともに、多くのことに気づかされた年でした。

マイダン革命から7カ月ほどが過ぎた2014年9月9日、この日は僕の人生にとって最悪な誕生日であったのでよく覚えています。7月17日にはマレーシア航空機が東ウクライナで撃墜され、情勢が混迷を深める中、永田町の衆議院議員会館では、あるロシア政治の権威とされる先生の講演がありました。本当は、あまり気が進まなかったのですが、僕はウクライナに詳しいので、その講演後にコメントをしてくれと主催者に言われしぶしぶ参加しました。

写真=iStock.com/baona
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/baona

その先生はロシア正教会を中心にウクライナ国内の宗教事情を話し始めたのですが、今ほどウクライナに詳しくなかった僕の目から見ても、かなり間違いの多い内容でした。

親切心で間違っている箇所をいちいち指摘したかったのですが、あまりに多すぎたのと、学会での権威者ということもあり、人前で恥をかかせても可哀そうだなと思い、特に何も言いませんでした。

■「ドネツク全域が火の海で人道危機が起こる」

お話が終わると、次に出てきたのがロシア連邦国際交流庁駐日代表部長の肩書を持つ方でした。日本とロシアで2つの博士号を持ち、ヤポニスト(日本学者)を自称して、まあまあ上手い日本語を話すこの男性は、普段からやや自意識、自信過剰なところがあり、日露交流をしている日本人の間でもあまり評判がよくありませんでした。

質疑の時間に入ったとたんに、したり顔で、ドネツクで撮影されたという5枚ほどの写真をクリップで止めて聴講者に配り始めました。そして一言「ドネツクでは今ロシア語系住民のジェノサイドが起こっており、また全域が火の海で第2次世界大戦以後最大の人道危機が起こる」と言いました。さすがにこれはないなと思ったのと、またドネツク州の広さを知っているのかと思い「戦闘自体は点と線で起こっており、さすがに全体が火の海はない」と言ったところ、気色ばんでロシア語交じりで反論してきました。

そこで「あなた、ドネツクに何回行ったことがある? 私はこの5年で15回以上訪問したが」と言ったところ、当然、彼は一度も行ったことがなかったのでしょう、押し黙ってしまいました。会合が終わって、スポーツマンシップにのっとってノーサイドで仲直りでもしておくかと名刺を持って行ったところ、受け取りを拒まれ、両手を挙げて肩をすくめながら足早に去っていきました。

ただ、今考えてみると、ロシア側は、このころから「東ウクライナでロシア系住民のジェノサイドが起こっている」と日本でも繰り返し主張していました。今回の戦争の情報戦の下準備はかなり早い段階で行われていたのです。

■政府のプロパガンダを広めるロシア外交官の悲哀

同じ時期、これとは対照的な経験をしたこともあります。2014年当時、日本にいるロシアの外交官の言動は、先ほどの男性をはじめ、今と同じく支離滅裂でした。明らかにパニックを起こしていて、本国政府から赴任国向けに説明するように言われている内容を公式な場で述べるものの意味不明で、彼らの頭のなかで整理、理解ができていない様子でした。

ただ終始一貫していたのは「マイダン革命」が「非合法のクーデター」だと主張していたことです。この説明でいくと、正統で合法的な大統領はヤヌコーヴィチであり、現在の政権は「米国主導で正統な政権を崩壊させようとする違法なクーデター」によりできたことになります。

マイダン革命からしばらくして、あるロシアの外交官の講演会が大阪で開かれて僕もどんな主張をするか興味があり聴講しました。彼は日本語が上手く、頭脳明晰(めいせき)で、僕のゼミで非常にわかりやすい講義をし、学生からも好評でした。

しかし、この日は100%ロシア政府のプロパガンダを話そうとするものの、良識ある彼はどうしてもそれをうまく話せない様子で、外交官という職業の悲哀を感じました。

講演終了直後、僕を見つけた彼が小走りでやってきて、「ちょっと話がある」と声をかけられました。別室に移って2人きりになると彼は言いました。

「今回の件で、〈ウクライナ〉という国とウクライナ人について、わかったつもりでいただけで、本当はよくわかっていなかったことを思い知った。ロシアの外交官も同じで、しかもまだ気づいていない者も多い。ついては、ウクライナに詳しい貴方に、ロシア語で、我々の外交官向けにレクチャーしてもらえないだろうか」

■プーチンは「ウクライナ人は歓迎する」と信じ切っていた

ロシア人が、ウクライナやウクライナ人について、日本人の僕に教えを請いたいということに驚きました。さすがにロシア人相手にロシア語で講義をするというのはあまりにハードルが高く、即座にお断りしました。

岡部芳彦『本当のウクライナ 訪問35回以上、指導者たちと直接会ってわかったこと』(ワニブックスPLUS新書)

ただ彼は誠実な人物で、その出自は少数民族のタタール人です。もしかしたらウクライナを兄弟国家と教え込まれてきたロシア人だとそんな発想は思いつかなかったかもしれません。

漏れ伝わるところによれば、プーチン大統領は今回、自分の出身の情報機関からの「ウクライナを解放すればウクライナ人は歓迎する」といった誤った情報に基づいて侵攻の決断をしたといいます。あるいは本人もそのように信じ切っていた節もあります。

あの時、僕がロシアの外交官たちに、ウクライナの本当の姿や正しい政治情勢について話しておけば、少しぐらいは声が届いて、僅かながらでも今回の事態を避ける一助になったかもしれないと考えると今でも悔やまれてなりません。

----------
岡部 芳彦(おかべ・よしひこ)
神戸学院大学経済学部教授/同国際交流センター所長
1973年9月9日、兵庫県生まれ。博士(歴史学・経済学)。ウクライナ国立農業科学アカデミー外国人会員。ウクライナ研究会(国際ウクライナ学会日本支部)会長。著書に『魂の叫び ゼレンスキー大統領100の言葉』(宝島社)、『本当のウクライナ 訪問35回以上、指導者たちと直接会ってわかったこと』(ワニブックスPLUS新書)がある。
----------

(神戸学院大学経済学部教授/同国際交流センター所長 岡部 芳彦)