米オレゴン州ポートランド郊外で今季第2戦を開催中の『LIVゴルフ』のインビテーショナルシリーズは今季8大会が行われるが、2023年は14大会と大幅の増加。LIVゴルフと契約する48名の選手が12チームで戦うとLIVゴルフのオフィシャルが語った。
また、インビテーショナルシリーズから「LIVゴルフリーグ」と名称も変わると、複数の米メディアが伝えている。
2戦目にして、世界ランキング50位内からは8選手、100位内からは20選手が参戦。今週は第1戦に出場していなかった9選手が初出場と「想定を超える成長をしている」という。
23年は3月にシーズンが開幕し、48選手は開幕前にLIVゴルフと契約、シーズン開幕前にチームが決定、キャプテンがチームメンバーをセレクトする。
LIVゴルフとの契約金は選手によりそれぞれで、フィル・ミケルソン(米国)が最高で2億ドル(約270億円)、次いでダスティン・ジョンソン(米国)が1億2500万ドル(約168億円)と報道されている。
開催コースは現時点で未定だが、開幕戦が行われたロンドン郊外のセンチュリオンGC、第3戦の米ニュージャージー州のトランプ・ベドミンスター、最終戦の米フロリダ州のトランプ・ドラルで来季も開催する予定。メキシコ、オーストラリアへと広がる可能性もみせている。
今季は米国で5大会、イギリス、タイ、サウジアラビアでの計8大会が行われる。(文・武川玲子=米国在住)
<ゴルフ情報ALBA.Net>