ミッキーオタクが【なにわ男子】に沼落ち!! 実は似ている? 双方の「スター性」を熱く語ってみた

写真拡大

「スーパースター」と聞いて、みなさんは誰を思い浮かべるでしょうか。

【なにわ男子】大阪から東京、そして世界へ!ドキュメンタリーが「世界配信」【コメントあり】

人によっては海外の歌手だったり、日本の歌謡界の大物だったり、誰より輝く自分の推しだったりしますよね。

私にとって「スーパースター」とは、大きな耳に赤いズボンが印象的な彼しかいません。

そう、ミッキーマウスです!

1928年、ウォルト・ディズニーによってこの世に生み出された一匹のネズミは、小さな体に偉大なハートを持ってアニメーションのキャラクターとして登場し、あっという間に世界中に愛される一大スターになりました。

それは、誕生から94年経った今でも変わらず、ミッキーマウスというキャラクターは時と次元を超え私たちに驚きと感動を与えてくれています。

私はかれこれ10年以上ミッキーの輝きに当てられて、はしゃいだ人生を送っているミッキーオタク(ミキオタ)なのですが、最近新たにキラキラ輝く7人の男の子たちに出会ってしまいました。

この7人はそれぞれ、ミッキーマウスのようにかわいらしく、コミカルで、かっこよくて、どこまでも眩しい。

そんな彼らの名前は「なにわ男子」。

2021年11月12日にデビューした、ジャニーズ事務所所属のキラキラ輝く男性アイドルグループです。

10年以上ミッキーだけを追いかけ続けてきた筋金入りのミキオタが、なぜなにわ男子に惹かれたのか?

そこには、ミッキーとなにわ男子、それぞれの持つ「スター性」があるのではないかと考えました。

そこで、ミキオタ歴10年以上の筆者が、ミッキーマウスとキラキラアイドルなにわ男子が持つ「スター性」の類似性について感じたことを、独断と偏見で語ってみたいと思います!

ミキオタが思うなにわ男子のスター性

1.圧倒的センター! 安心安定の信頼感

なにわ男子の圧倒的センターといえば、子犬のような愛らしい雰囲気と八重歯がチャームポイントの西畑大吾くんですが、ミキオタの筆者から見ても、そのスター性は眩いばかりです。

自分にも他人にも厳しく、自分が何を求められているかを理解して、大吾くんがいればきっと大丈夫と思わせてくれるカリスマ性があるところが、ミッキーとよく似ていると感じました。

2015年の東京ディズニーシーで開催されていた、クリスマスのスペシャルショー「パーフェクト・クリスマス」。

このショーでは「クリスマスといえばなんだろうね? 」というミッキーの質問に、みんなが各自考える「クリスマスらしいもの」を紹介していく内容となっています。

グーフィーとマックス親子はクリスマスツリーを飾り付け、デイジーはクリスマスのショッピングを楽しみ、チップとデールは雪だるまとの雪遊びを楽しんで、歌姫クラリスの提案でみんなでクリスマスソングを歌います。

ミニーが大好きな「くるみ割り人形」のお話をしたところで、それまで何度も話そうとしてはずっと話を遮られていたドナルドのために、ミッキーが改めてクリスマスといえば? と聞いて、ようやくドナルドは話すことができます。

ドナルドが思う、思うクリスマスらしいもの。

それは「サンタクロース」です。

聞き馴染みのある笑い声とともに、ショーのフィナーレに登場したサンタクロースは、それまでずっとみんなの意見を率先して聞いていたミッキーに対して、「ミッキーにとってのクリスマスといえば? 」と聞いてくれます。

私にはこの時のミッキーの姿が、なにわ男子の中で回しを担当し、お話が得意ではないメンバーのために話を振る大吾くんとどうしても重なってしまいます。

ちなみにミッキーのクリスマスといえば、は「大切な人と一緒にいること」なので、そんな仲間思いなところも大吾くんに似ている気がします。

2.かわいいの権化様(例外)

すでに二人目の時点で、例外になってしまいすいません。

アニメか? と思わずにいられないくらいきゅるんきゅるんの大きな瞳に、圧倒的なギャルみでファンを虜にしている大西流星くんですが、彼だけはミッキーマウスよりもミニーマウスらしいと、筆者は感じました。

ミニーちゃんも流星くんも、コスメや美容が大好きで流行に敏感!

流星くんは、なにわ男子のライブツアーのグッズのプロデュースを任されたり、至る所でそのセンスを遺憾無く発揮しています。

なにわ男子が出演する、価値観アップデートバラエティ『まだアプデしてないの?』(テレビ朝日系)という番組では、「アプデメイク部」というメイクで人々を元気付ける企画で、アンミカさん、Mattさんという豪華なメンバーを部員に迎える中で、流星くんは部長として堂々とメイクを施していきます。

そして我らがミニーマウスですが、彼女のモチーフのコスメは世界中で売られていますし、ミニーちゃんにかわいさの秘訣は? と尋ねたところ、「とにかくマスカラが大事」と教えてもらったことがあります。

以前ミッキーのイラストの入ったワンピースを着てミニーちゃんとグリーティングした時、「そのワンピースのミッキーのイラストの部分だけ切り取って頂戴、あなたのスカートが短くなるのは気にしないでね! 」とアピールされたことがあります。

その自由奔放なかわいらしさには、オタクもミッキーもたじたじです。

流星くんの方も、メンバーの高橋恭平くんと一緒に開催した、なにわ男子の公式Instagramでのインスタライブ「#きょろりゅちぇインライの舞」では、青森県のものまねをしたり、様々なパワーワードを生み出したり、高熱の時に見る夢のような世界を繰り広げてくれました。

誰も敵わないふたりは、まさにかわいいの権化様です。

3.素晴らしい作品に愛される、唯一無二の俳優

ゲームやアニメーション、ディズニーパークなど、次元を超えて愛されているミッキーですが、彼が世間からはじめて脚光を浴びたのは、スクリーンの中でした。

1928年11月18日に公開された短編映画『蒸気船ウィリー』は、それまで音声のない「サイレント映画」が主流だった時代で、世界初の音声がついた「トーキー・アニメーション映画」として封切られました。

映画史に残る貴重なこの作品で、ミッキーは映画俳優としてスクリーンデビューし、世界中に愛され始めたのです。

なにわ男子のなかにも、演技力と唯一無二の魅力を持ち、俳優として活躍しているメンバーがいます。

透き通るような色の白さに、表情にあどけなさを残しつつも179センチという高身長を持つ、道枝駿佑くんです。

14歳の頃から俳優として多くの作品に出演している道枝くんですが、現在放送中の『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)では主人公・金田一 一を魅力たっぷりに好演しています。

2021年10月に放送されていた、「オシドラサタデー『消えた初恋』」(テレビ朝日系)でのSnow Man の目黒蓮くんとの甘酸っぱい恋のお話は、当時筆者の生きる糧でした。

また、『消えた初恋』で共演していた福本莉子さんとW主演を務める映画、『今夜、世界からこの恋が消えても』も、7月29日(金)に公開予定となっています。

ドラマに映画に大活躍の道枝くんですが、本人はとても謙虚でストイック、そして努力を怠らない性格をしています。

道枝くんは、彼にしか出せない柔らかい雰囲気や、真っ直ぐに真摯さを伝える瞳を持ち、見ている人を物語の世界へ引き込む素晴らしい俳優です。

ミッキーも道枝くんも、夢を叶えることの大変さ、そして素晴らしさを知っているところが共通しているように思えます。

ちなみに道枝くんはの愛称はみっちーです。

4.呼吸を忘れるほどの溢れ出る色気

2022年6月現在、東京ディズニーシーのブロードウェイ・ミュージックシアターで公演されている、『ビッグバンドビート〜ア・スペシャルトリート〜』というショーをご存知でしょうか。

ミッキーと仲間たちが繰り広げる、スウィングジャズの音楽を中心にした、とにかく最高のレビューショーです。

このショーの冒頭、ミッキーは白いタキシードを身に纏い、メロウな雰囲気全開で登場するのですが、それがまあ色っぽい。

筆者はミッキーの色気を目の当たりにすると、呼吸を忘れて、酸欠になって頭痛がしてくるタイプのオタクです。

そしてそんなミッキーに負けず劣らずの色気を纏っているのが、なにわ男子のビジュアル担当と呼ばれている高橋恭平くんです。

以前放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)にて、なにわ男子の2ndシングル「The Answer」を披露した際、恭平くんがセンターに立つフォーメーションで、色気たっぷりに前髪を掻き上げる仕草を見せてくれたのですが、それを見た時思わず呼吸を忘れ、酸欠になって頭痛がしました。

この症状がミッキー以外で出たのは、恭平くんが初めてです。

そして恭平くんといえば、自分が大好きなナルシストという一面もあります。

もちろん、我らがミッキーマウスもそこそこのナルシシズムを持ち合わせているため、その点もふたりは似ていると筆者は感じました。

以前ミッキーとグリーティングした際、「どうしてミッキーはそんなにかっこいいの? 」と訊ねてみたことがあるのですが、その際ミッキーはゆっくりと側頭部を撫であげ、世界一かっこいい投げキスを飛ばしてくれました。

「あ、ミッキーはかっこいいからかっこいいんだね! 」と大納得して帰りました。

圧倒的ビジュアルの良さ、呼吸を忘れるほどの色気、そしてかっこいい自分が大好き。

そんなミッキーと恭平くんのふたりを好きでいると、毎日楽しく前向きになれるのでオススメです。

5.元気いっぱいのファッショニスタ!

東京ディズニーリゾートや、世界中のディズニーランドで、ミッキーがショーの中で踊っている姿を見たことがありますでしょうか。

パークで会えるミッキーってそんなに背が高くないのですが、ショーの中で踊っているミッキーを見ていると、実際の身長よりも大きく感じられることがよくあります。

それは、ミッキーの存在感の大きさもさることながら、彼の一挙一動が、自分の身体を大きく、魅力的に見せるダンスを踊っているからだと考えます。

ミッキーってとにかくピョンピョン飛び跳ねるし、足を誰より高く上げるし、全身を使った表現がとても得意です。

なにわ男子の中にも、このミッキーのように身体全体を使い、見ている人を元気にしてくれるダンスを踊る男の子がいます。

グループ最年少の長尾謙杜くんです。

デビュー曲の「初心LOVE」を音楽番組でパフォーマンスする際、曲の終盤にメンバー全員が横一列に並んでジャンプする振り付けがあるのですが、そこでの長尾くんは脅威のジャンプ力を見せてくれます。

ニコニコ笑顔で、誰よりも身体を大きく動かして踊る長尾くんは、見ている人を元気にする天才だと思います。

他にも、なにわ男子のオシャレ番長でもある長尾くんは、なにわ男子のライブ衣装もプロデュースしているのですが、ファッションセンスもピカイチです。

なにわ男子の公式YouTubeの企画、「なにわ男子【Xmasデートコーデ】ファッションセンス王は? 」という企画では、デート相手の彼女とのリンクコーデを提案し、見事優勝してファッション王の称号を授かっています。

ミッキーは衣装のプロデュースこそしていませんが、ミッキーに着こなせない服なんてないんじゃないか? と思わずにいられないくらい、どんな衣装も着こなすスーパースターです。

いつも元気で、見ている人をハッピーにしてくれるふたりは、筆者にとって疲れた時に染み渡る栄養ドリンクのような存在です。

6.思わず笑顔になってしまうキラキラコメディアン

個人的に藤原丈一郎くんは、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロント「ケープコッド・クックオフ」にて上演されている『マイ・フレンド・ダッフィー』(2022年6月現在休止中)に登場する、カモメのティッピーブルーにそっくりだと思っているのですが、丈くんの持つスター性、それは「面白さ」です。

自己紹介する際、「なにわ男子のなにわ感担当」と名乗ることもある丈くんですが、彼の魅力は何と言ってもそのお笑い芸人のようなコミカルさと、キラキラアイドル時のギャップにあると思います。

スケッチブックを持つと即席でフリップ芸を披露したり、なにわ男子公式YouTubeにて富士急ハイランドに行った際の、絶叫アトラクションに乗った時のリアクションは何度見ても笑ってしまいます。

さて、ミッキーマウスを生み出したウォルト・ディズニーの言葉に、こんなものがあります。

「みんながミッキーマウスを見て笑えるのは、彼がとても人間らしいからだ。それが彼の人気の秘密だ。」

そう、ミッキーはそのコミカルな動きで大勢の人を笑わせてきた素晴らしいコメディアンでもあるのです。

ディズニー公式YouTubeにて配信されている、「ディズニー・コメディ・タイム」というシリーズでは、ミッキーマウス主演のコメディ作品が数多くありますし、ディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で見ることができる『ミッキーマウス! 』というアニメ作品では、見ているこっちが心配になるほどギャグに振り切っていいます。

そんな面白いふたりですが、ステージの上に立った瞬間、バッチバチにかっこよく決めて、ファンを虜にしてくれるところが個人的に共通しているなと感じます。

でも顔はやっぱりティッピーブルーにそっくりだと思っているので、東京ディズニーシーに行かれた際はぜひその目で確認してみてください。

7.愛されリーダーは生粋のエンターテイナー!

「プリン食べすぎてお尻プリンプリン」のギャグ(?)と、人懐っこい笑顔に圧倒的な歌唱力とダンス、驚きの柔軟性を持った、なにわ男子の愛されリーダーが大橋和也くんです。

この大橋くんですが、いろいろな面でミッキーに似ていると筆者は思っています。

実はミッキーもお尻プリンプリンですし、世界中に愛されている笑顔に、お歌は置いといてダンスはもちろん最高で、ミッキー&フレンズのリーダー的存在です。

何よりこのふたりからは、「世界中をエンターテイメントの力で幸せにしたい」という強い気持ちを感じられるのが推しポイントです。

ミッキーマウスは2022年11月で生誕94年を迎えるのですが、歴史上の数多くのキャラクターの中でも、こんなに長い間、世界中の人を笑顔にしてきた存在はそうそういません。

これまた以前ミッキーとグリーティングした際の話なのですが、私が「素晴らしいショーをありがとう、ミッキーって本当にすごいね」と伝えたところ、ミッキーは、「僕がすごいんじゃないよ、見てくれる君がいるから素晴らしいショーになるんだよ」というようなニュアンスのことを伝えてくれました。

こういう話をすると「ミッキーって話せるの? 」と疑問に思われる方もいると思うのですが、訓練されたオタクはミッキーとのグリーティングで、意思の疎通が結構出来るんですよ。

大橋くんも同じで、彼の笑顔は不特定多数に向けられたものというよりかは、目の前にいたり、電波を通じた向こう側にいるファンひとりひとりに笑いかけてくれていると思わせてくれます。

エンターテイメントにおいて、お客さんを「喜ばせたい」と思う気持ちは、なによりも大切なものです。

ミッキーも大橋くんも、これから先ずっと私たちを喜ばせてくれるんだろうな、と信じられるところが好きでいてよかったなと思うところです。

ちなみに、ミッキーのスクリーンデビュー日は1928年11月18日なのですが、時刻で言うと19:28って午後7時28分、つまり728(なにわ)なんです。

そしてなにわ男子のデビュー日は11月12日なので、ミッキーのデビュー日のわずか6日前なんですよ。

これはもうやはり、なにわ男子は実質ミッキーマウスということなのではないでしょうか!

という冗談はさておき、なにわ男子のメンバー全員が持つそれぞれのキラキラは、世界のスーパースターであるミッキーマウスと共通したキラキラだと筆者は考えます。

まだデビューから半年と少ししか経っていない彼らですが、いつかきっとミッキーのように世界中を虜にする素晴らしいスターになること請け合いです!

推しは増やせる時に増やせって先祖代々言われてますので、これをうっかり最後まで読んでしまったミキオタがいたら、一緒になにわ男子を推しましょう。