ホスピス医の山崎章郎さんは、ステージ4の大腸がんの抗がん剤治療に取り組み、ひどい副作用に苦しんだ。別の治療法を模索した山崎さんは、食事療法に加え、従来の抗がん剤を少量だけ使うことで副作用を軽減させる「がん共存療法」にたどり着いた。山崎さんの著書『ステージ4の緩和ケア医が実践する がんを悪化させない試み』(新潮選書)より、一部をご紹介しよう――。(第2回)
写真=iStock.com/Nattakorn Maneerat
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Nattakorn Maneerat

■「患者ごとの抗がん剤の適量が無視されている」

私が取り組んでいる「がん共存療法」は、「無増悪生存期間」の延長を目指した、標準治療としての抗がん剤は使用しないがん治療である。そのため、最初は読み飛ばしてしまったが、なぜか気になっていた「個々の適量による化学療法/がん休眠療法」(国際医療福祉大学市川病院腫瘍内科、高橋豊医師)を、今回は熟読してみることにした。なお、高橋医師は化学療法と表現しているが、これは抗がん剤治療と同義なので、今までの文脈上、抗がん剤治療と変換して記述させていただくことにする。

さて、熟読して、ここにも標準治療としての抗がん剤治療の現状に疑問を抱き、その課題に真摯(しんし)に向き合ってきた医師がいることを知った。私なりに高橋医師の論点を要約すると、次のようになる。

高橋医師は、まず「抗がん剤は個々人によって適量があるはずであり、本来であればその適量を調整することが正しい治療法と考えられる。だが、現在の標準治療である抗がん剤治療は、個々の適量を無視した方法である」と主張する。

その理由を「新薬が承認されていくプロセスには、抗がん剤の副作用を調べる毒性試験として第I相臨床試験というものがある。その目的は、被試験者が、その毒性に耐えられる最大耐用量を決めることである。しかし、標準治療では、その量、もしくはその量より一段階少ない量の抗がん剤が、個々の適量を考慮することなしに、体表面積だけで、一律に投与されることになっているからだ」と説明する。

当然、その抗がん剤の量では多すぎる人もいるはずである。これが標準治療としての抗がん剤治療の様々な課題の原因になっている可能性もある。

■がんの増殖を抑える「休眠療法」

また、高橋医師は、抗がん剤治療による延命期間を詳細に検討した結果「がんが縮小しなくても増殖抑制が継続できれば、延命効果が得られる」ことも見出した。

そこで、抗がん剤治療の目的を、従来の「腫瘍を少しでも縮小させることから、増殖抑制を長く継続させること」に変更し、それを「がん休眠療法」と名付けることにした、と言うのである。要するに「がん休眠療法」は、抗がん剤は使用するが、それは標準治療としての抗がん剤治療とは、別物であるということだ。

写真=iStock.com/Dr_Microbe
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Dr_Microbe

「がん休眠療法」はできる限り副作用が軽度で済むように、個々人に合う適量を求め、それを継続的に使用することで「無増悪生存期間」の延長を目指す治療法のことだったのだ。

高橋医師の提唱するこの「がん休眠療法」の目的は、私の求めている「がん共存療法」と同じであることが分かる。

ただし、この「がん休眠療法」には、標準治療になるほどのエビデンスはないため、高橋医師は標準治療から外れた患者さんを対象に行っている、とのことだった。

例えば、

”現犲N鼎箸靴討旅海ん剤治療を受けたものの、副作用が強くて抗がん剤治療の継続ができない患者さん
高齢などの理由で、治療医から抗がん剤治療は難しいと判断された患者さん
9海ん剤に対する拒否感から、標準治療としての抗がん剤治療は選択したくない患者さん

である。

■公的医療保険による診療も可能

ただ、標準治療でないとすれば、公的医療保険の対象にはならず、自費診療になってしまうだろう。そうなると、かなりの高額になってしまうかもしれない。

とすれば「がん休眠療法」は「がん共存療法」の条件である「より多くの患者さんが受けられるような方法であること」から外れてしまう。

ところが、である。高橋医師の「がん休眠療法」の解説の中に、公的医療保険による診療が可能だ、との記述があった。思わず、国際医療福祉大学市川病院の医事課に電話をして確認してしまったが、やはり、通常の公的医療保険で大丈夫です、との返事であった。

であれば、「無増悪生存期間」の延長を目指す「がん休眠療法」は、抗がん剤は使用するが「がん共存療法」の条件に近づいてくる。

■「がんと上手くお付き合いしながら、長生きしよう」

更に詳細を調べようとしてネットで検索をしてみた。高橋医師以外にも、しっかりと「がん休眠療法」に取り組んでいる医師がいたのだ。

「銀座並木通りクリニック」院長の三好立医師であった。そのホームページを通して、三好医師の取り組みの概要が明らかになってきた。そして、三好医師の著書『少量抗がん剤治療 “がんを生きる”ための、もう一つの抗がん剤治療』(監修・片岡達治、東京図書出版、2019年)を入手し、熟読してみた。

三好医師は、高橋医師の「がん休眠療法」と同様な概念の下に、薬学博士である片岡氏と共に独自に工夫した取り組みを「少量抗がん剤治療」と表現している。そして、著書の中で、そのコンセプトは「がん細胞を叩くことばかり考えずに、がんと上手くお付き合いしながら、長生きしよう」である、と書き述べている。

このコンセプトは、表現は違うが、高橋医師の「腫瘍を少しでも縮小させることを目指すのではなく、増殖抑制を長く継続させること」と同義であり、私が定義した「がん共存療法」の目的とも同義であることが分かる。

■抗がん剤の投与量をあえて少量にする「少量抗がん剤治療」

ところで、著書によれば、三好医師が使用する抗がん剤の量は、標準治療に使用される抗がん剤の5分の1から20分の1だという。しかし、標準治療の前提になっている耐用量ぎりぎりの抗がん剤の量でも、治癒が難しい固形がんに、少量の抗がん剤で本当に効果があるのだろうか、という素朴な疑問が湧いてくる。その疑問に対して、三好医師は著書の中で、高橋医師と同様に抗がん剤の臨床試験に触れて、

山崎章郎『ステージ4の緩和ケア医が実践する がんを悪化させない試み』(新潮選書)

「抗がん剤の毒性を調べる第I相臨床試験では、その最大耐用量に達する前に、既に治療効果の出る患者さんが、少なからずいることが分かっている。また、第I相臨床試験の目的は、最大耐用量を調べることであるため、副作用が出ない程度の量で効果があったとしても、そこに注意が払われることはあまりなかったのだ」

と指摘する。なるほど、そういうことだったのかと、納得してしまう。

その上で、三好医師は著書の中で、2016年に開催された「第54回日本癌治療学会学術集会」のシンポジウムで、ご自身が発表した「IV期がんに対する少量抗がん剤治療の検討」について触れている。

その中で、固形がんの治療効果を表す「SD(安定している状態)」が2カ月以上続いた患者さんは、308名中148名(48%)だった、と報告している。また、がんが消えた患者さんは2名、縮小した患者さんは27名いたことも報告している。

標準治療としての抗がん剤治療のエビデンスの「効果があったとしても数カ月から数年の延命効果」と比較しても、「少量抗がん剤治療」がそれなりの成果を上げていることが良く分かる。

ただし、「少量抗がん剤治療」は、第I相臨床試験の実状を基にした、三好医師の臨床経験に基づいて行われており、エビデンスのあるものではない。

■がん診療経験のある医師であれば、誰にでも行える

しかし私には、個々の適量を求めることもなく、体表面積で一律に抗がん剤を投与する標準治療よりも、少量の抗がん剤でも、副作用が少なくて効果のある患者さんがいるのであれば、それを目指すことの方が医療本来の姿だ、と思えるのだ。

抗がん剤治療の専門家の皆様が日夜努力していることには敬意を表するけれど、標準治療としての抗がん剤治療の示すエビデンスは、「これぞ抗がん剤」と、胸を張って言えるほどのものとは思い難い。

ところで、三好医師は著書の中で「少量抗がん剤治療」は、副作用を出さないように治療していく方法であり、抗がん剤治療の専門家である必要はなく、がん診療に携わった経験のある医師であれば、誰にでも行える治療行為であると思う、とも書いている。この点もまた「がん共存療法」の条件の一つである「医師であれば誰でもできること」に近づいてくる。

■少量なので自費診療でも実費は安く済む

費用についても触れておこう。三好医師の「少量抗がん剤治療」に使用される抗がん剤の量は、通常使用量の5分の1から20分の1であることは先述した通りだ。

三好医師は、長い経験から、必ずしも適応通りの(公的医療保険の使える)抗がん剤ではなくても、効果のあるがんがあることを実例を通して示しているが、その際には自費になってしまう。

写真=iStock.com/Bespalyi
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Bespalyi

しかし、使用量が少ないので、自費診療であったとしても、抗がん剤にかかる実費もまた、通常使用量の5分の1(2割)から20分の1(5分)の計算になる。

公的医療保険を使う場合でも、基本的に抗がん剤にかかる費用の1割から3割の自己負担は求められるので、薬剤費だけを見れば、公的医療保険よりも、少ない自己負担で済む可能性もある。つまり、「少量抗がん剤治療」は費用面からも、「より多くの患者さんが受けられるような方法であること」という「がん共存療法」の条件に当てはまってくることが分かる。

ただ、実際は次のようなことも起こり得る。例えば、注射用抗がん剤の最小単位が1アンプル100mgであったとする。だが、少量抗がん剤治療として、その抗がん剤を20mgしか使わなかったとすれば、残薬は廃棄することになる。結果として、1アンプル分の自費請求になることもある、ということだ。しかし、これは止むを得ないことだろう。

ところで、私は「がん休眠療法」の生みの親である高橋医師をご紹介する中で、「がん休眠療法」が公的医療保険の対象になることを確認したが、それは高橋医師が、適応通りの抗がん剤のみを使用しているからであり、そこが三好医師との違いでもある。

----------
山崎 章郎(やまざき・ふみお)
緩和ケア医
1947年、福島県出身。千葉大学医学部卒業、同大学病院第一外科などを経て、91年聖ヨハネ会桜町病院ホスピス科部長。2005年に在宅診療専門診療所(現・在宅療養支援診療所)ケアタウン小平クリニックを開設し、訪問診療に従事している。著書に『病院で死ぬということ』(文春文庫)、『続 病院で死ぬということ』(主婦の友社)、『「在宅ホスピス」という仕組み』(新潮選書)などがある。
----------

(緩和ケア医 山崎 章郎)