※写真はイメージです

写真拡大

―[ライオン兄さん連載コラム「米国株FIREの流儀」]―

 株式会社バイアンドホールド 代表取締役社長の山口貴大と申します。YouTubeやSNSでは「ライオン兄さん」名義でお金にまつわる情報を発信しておりますので、すでに私のことをご存知の方は、そちらのほうが馴染みがあるかもしれません。

 大企業の今年の夏ボーナスは、約13.8%増ということで、1981年以来の伸びとなりました。しかしながらボーナスが増えたからと言って、それだけで本当に経済的に豊かになれるのでしょうか?

 今回は“ボーナスの使い道”について、インターネット上で全国の25歳以上60歳以下の男女3000人に対してアンケート調査を行ってみました(2022年5月26日調査)。

◆ボーナスの使い道は「貯金」が1位だが…

 結果は、ボーナスの使途は銀行預金が5割近くで最も多く、資産運用は13.86%にとどまりました。資産運用は、年代別で30代が最も多く17%、少ないのは60代で9%でした。資産の投資先は、投資信託が最も多く45%。米国株は1割強にとどまりました。

 ボーナスの使い道は、ぶっちぎりの1位が「貯金(預金)」という結果になりましたが、じつは、そのまま貯金しているだけでは実質的にお金が減っていくリスクもあるのです。 いったい、どういうことなのでしょうか。この理由について考えていきたいと思います。

 また、最後にはFIRE達成者に限定したアンケート結果をお伝えしますのでぜひ参考にしてみてください。

◆「貯める」だけならば金融リテラシーは不要

 お金を扱うには「稼ぐ力」「使う力」「貯める力」「増やす力」「守る力」の5つの能力が求められます。この5つの能力のうち、最も金融リテラシーが不要なのが「貯める」というアクションです。

 お金を「使う」というアクションは、消費・浪費・投資の3つがあります。 消費は致し方ない出費で、浪費は無駄遣いです。そして投資は、お金を使ってお金を増やす行為です。

 例えば経営者は広告やPRにお金を使うと一時的にお金は減りますが、中長期では回収できてリターンを得られます。経営者でなくても自己投資をして、お金を増やすことは可能です。

 しかし当然、お金を使ってお金を増やすのは難易度が高く、失敗するリスクもあります。そして、人はお金が減ることに異常なほど恐怖を感じます。よって、金融投資は怖そうだし、お金を使って増やすのは難しそうなので、無難に貯金しようという結果になったと考えられます。

 次にお金を「増やす力」「守る力」について考えていきます。お金を増やす力は「資産運用」のことを指します。アンケートからもボーナスを資産運用に回すと答えた人は少なかったのですが、これだけ円安で株価も軟調なタイミングで投資するのが良いのか?と不安になる方も少なくはないと思います。

 私は円安株安の今のタイミングでも「米国株に投資すべき!」と考えています。理由は今のように円安が進行していては、日本円で貯金しても資産価値が目減りしてしまう状態です。せっかくの貯金が無駄になってしまいます。

 そこでお金を「守る力」が必要になってきます。

◆お金を「守る力」とは?

 お金を守る力は金融リテラシーです。例えば1億円を貯金したとしても為替が1ドル=200円になっては、その価値は1ドル=100円の時の半分になります。貯金していたら価格変動リスクがないというのは勘違いです。

 為替レートは毎分毎秒変動していますので、円だけではなく、ドルや金、暗号資産などリスクが違う金融資産に分散してポートフォリオを組み、お金を守る必要があります。そのためには金融リテラシーと経験が求められます。