これだけは妥協できない!男性が譲れない“本命彼女の絶対条件”とは?

写真拡大

「男性はどんなタイプを彼女にしたいのかな?」と思うことはありませんか?

男性が本当に惹かれるのは“いい子すぎない女性”!愛される4つのワケ

想像するに、上品であったり、清楚で柔らかい雰囲気を持っていたりする女性が思い浮かびますが、実際はどうなのでしょうか。

今回は、男性が本命彼女の条件として譲れないものをご紹介します。相手の理想像に近づきたい人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

男性が本命彼女の条件として譲れないものとは?

1: 自分の意見がしっかり言える

何でも男性に委ねることで、信頼していることを表現する女性はいるのではないでしょうか。

その場合、「どこに行きたい?」と聞かれても「どこでもいいよ」と曖昧に返しがちですが、実は「映画に行きたい」とはっきり言った方が男性は断然好感を抱くのです。

曖昧な返事だと「他に行きたい場所があるのでは?」と疑心暗鬼になるのだそう。ちゃんと意見してもらえると「本音を語ってくれている」とホッとするでしょう。

2: 「わがまま」と「甘え」の区別ができる

我を通すことを愛情表現だと勘違いしている人は、意外に少なくありません。

もし、悩み事があるのなら「○○くん、大変だからなんとかして!」とわがままを言わず、「○○くん、相談にのってくれる?」と程よく甘えることが正解です。

男性は「女性から頼りにされると嬉しい」と感じるのですが、それも度を過ぎてしまうと一緒にいてもしんどい存在になってしまいます。

それなら、何かお願いする時は相手任せにならないかよく考えて、言い回しを工夫することで自分勝手なイメージを払拭しましょう。

3: 自分だけに弱いところを見せてくれる

人は、「この人はこういう性格」と決めつけてしまいがちがところがあるもの。

例えば、仕事熱心な女性がミスをして「こんなの平気」と強がるかと思いきや、「すごく悔しい」と急に涙したら、その意外な姿にドキッとするでしょう。

それが自分の前だけとなると「俺って特別なんじゃないかな」と男性に思わせることができます。

「女性は少し隙があるといい」と言いますが、こうした危うさがあると「俺が守りたい」と感じるものです。

「かっこ悪いところも自分の一部」と考え、少しずつ本音を打ち明けてみてくださいね。

4: 愚痴が許せる範囲

気づいたら不満を口にしていることは、意外に多いものです。

例えば、「新人は何でも『できません』『わかりません』と言う」と愚痴っても、「だから私がちゃんと教えてあげないと」とフォローがあるかないかでだいぶ印象が変わります。

男性も愚痴をある程度聞く気はあるものの、内容が耳を傾けられるものかが問題です。

また、一方的に言われても聞く方がうんざりしてしまうのではないでしょうか。

まず、愚痴は控えめにして「ポジティブ」だと感じさせることで、その場の雰囲気を穏やかにするよう持っていきましょう。

5: 「癒される」と思う瞬間がある

恋愛において、相手を胸キュンさせることはとても大事ですね。

しかし、付き合ったあとは彼女として長い時間を共にするので、実は男性は「ときめき」より「居心地の良さ」を重視するのです。

下手なモテテクニックを使うより、そっと気遣ったり、素直に感情を表現したり「相手を第一」に考えた言動が大切になります。

女性にとって思いもよらない本命彼女の基準があったのではないでしょうか。

今回ご紹介した男性が本命彼女の条件として譲れないものを参考に、理想の女性像をしっかり掴んでみましょう。

自分の良さも発揮しつつ、あまり背伸びしないよう気をつけてくださいね。