『ミズ・マーベル』第4話に登場した新キャラ、日本語吹き替えを担当するのは岡本信彦!

写真拡大

Disney+(ディズニープラス)で独占配信中のマーベルドラマ『ミズ・マーベル』。本日6月29日(水)16時より第4話が配信。本エピソードから登場した新キャラの日本語吹き替え声優を岡本信彦が務めていることが明らかとなった(※本記事には『ミズ・マーベル』第4話までのネタバレが含まれます)。

【関連記事】『ミズ・マーベル』に隠されたキャプテン・マーベルの小ネタがMCU内で矛盾?

岡本信彦がレッド・ダガーことカリームの日本語吹替声優に!

第4話に、これまで一切情報が明かされてこなかった謎のキャラクター、レッド・ダガーことカリーム(アラミス・ナイト『バッドランド 〜最強の戦士〜』)が登場。日本吹替版の声優は、マーベルファンだと公言する岡本がキャスティングされている。

「僕のヒーローアカデミア」の爆豪勝己役や「ハイキュー!!」の西谷夕役など、数々の人気作で狂気じみたキャラクターを演じてきた岡本信彦が日本版声優を務めたカリームは、今後の『ミズ・マーベル』に大きく関わるキャラクター。

本作がマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)初参加となった岡本は、カリーム(レッド・ダガー)役に抜擢された心境を告白。「マーベルと名の冠する作品に出演ができるということで、とても光栄でした。お話をいただいたときはまだどんなキャラクターか知らなかったのですが、全力で取り組む所存でした」

また、前々からシリーズのファンだった岡本は、「『アイアンマン』を初めて見た時にハマりました。トニー・スタークがとても好きです。特に好きな作品は『アベンジャーズ/エンドゲーム」ですね。集大成を見ている感じで感動しました」と語り、生粋のマーベルファンだからこそ本作への参加に喜びを見せた。

自身が吹替を務めたカリームについては、「物語の途中で登場するのですが、“コミュニケーション能力が高い兄ちゃん”というイメージです。飄々としていますが、根っこの部分は優しい子だと思います」と言及している。

家庭や学校、社会生活での様々な問題に加え、力を持ったゆえに、ヒーローとして脅威に立ち向かわなければならないなど、次々と壁にぶつかる主人公カマラ・カーンの前に突如現れたカリーム。

彼は、“人々を守れるヒーローになりたい”という強い思いと、力を持った者の責任に葛藤するカマラにどのような影響を与えていくのか? 岡本はファンに向けて「ぜひ楽しんでいただけたら幸いです。そしてカマラのことも応援していただけたらとても嬉しいです」とコメントを残した。

『ミズ・マーベル』はディズニープラスにて日米同時配信中。毎週水曜日に最新エピソードが配信。(海外ドラマNAVI)