シーズン2はより複雑で、奇妙に!?『マーダーズ・イン・ビルディング』主演3人にインタビュー

写真拡大 (全3枚)

自分たちが暮らすマンションで突如起こった殺人事件を解決するため、“実録犯罪番組マニア”の3人が捜査に乗り出すと同時にその状況を伝えるポッドキャスト番組をスタートさせるという現代ならではミステリー・コメディドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』。待望のシーズン2の独占配信が、Disney+(ディズニープラス)の「スター」にてついに開始したが、チャールズ役のスティーブ・マーティン、オリバー役のマーティン・ショート、そしてメイベル役のセレーナ・ゴメスにインタビュー! 前シーズンを振り返るとともに、シーズン2の注目ポイントも語ってもらった。

(※本記事はシーズン1のネタバレを含むのでご注意ください)

【関連記事】『マーダーズ・イン・ビルディング』が世界中で多くのファンを虜にする3つの理由

『マーダーズ・イン・ビルディング』メインキャストにインタビュー

――改めまして、シーズン2の配信決定おめでとうございます!

全員:ありがとう!

――まずはスティーブにお聞きします。本作で主演のみならず製作にも携わっていますが、コメディとミステリーのバランスをどのように捉えていますか?

スティーブ:コメディとミステリーが良くブレンドされた作品は、これまでもたくさんあったよ。おかしい探偵映画のようなものはね。例えば『Mr. & Mrs. North(原題)』や、『シャーロック・ホームズ』でさえもユーモアがある。そういった要素は殺人についての話を和らげてくれるんだ。

――マーティンに質問です。多くのコメディ映画ファンは、あなたとスティーブがまた共演している姿を見てうれしく思っています。スティーブとのシーンではどんなことを考えますか? また意識していることはありますか?

マーティン:僕はなにも意識していないよ。本当に。スティーブがそこにいるからといって、なにか別のことを意識するというわけじゃないよ。

スティーブ:僕に尊敬の念を抱いたりしてないの?(笑)

マーティン:それはかなり前のこと! 今ではスティーブをスクリーンで見るとき、僕は毎回こう言うんだ。「やれやれ、スティーブが演技しているよ」ってね。

スティーブ:(笑)

――セレーナが演じるメイベルは、年齢は離れているもののチャールズとオリバーに引けを取らない様がおもしろいですが、演じる際にベテラン俳優を相手に恐縮したりしませんでしたか? また、スティーブとマーティンとの印象的なエピソードを教えてください。

セレーナ:そうね。シーズン1では、ちょっとおどおどしていた。でもシーズン2では、そういったことはなったわ。印象に残っているのは、エレベーターのシーン。そこが、私たちみんなが集まった最初の場所。何時間も撮影したし、決して忘れることができない。とてもお気に入りのシーンになったわ。

――次は全員にお聞きしたいのですが、演じた役とご自身が似ているのはどんなところでしょう?

スティーブ:チャールズの内気さと世界から距離を置いている感じかな。僕はパーティーとかで会話に入らないような人だった。時々そうじゃなかったり、そうだったりするけど、チャールズのその部分は理解できる。ちょっと引きこもりな感じとか。

マーティン:オリバーは楽観的で、物事に幸せな側面を与えようとする人。それは僕の性格に似ていると思う。でも、僕の方が彼よりお金を持っているけど(笑)

セレーナ:メイベルはとても感情を表に出さない感じで皮肉屋。私もそうなる傾向があるの。

スティーブ:そうなの? 皮肉屋とは思っていないけど!

セレーナ:仲の良い友人たちといるときは、もっとそういった感じになるの(笑)

シーズン1より

 

――シーズン1ではセリフが全くないという印象的なエピソードがありましたが、新シーズンでも斬新なチャレンジを試みていたら教えてください。

スティーブ:まずシーズン2でのチャレンジは、シーズン1と同じぐらい良いものにすることだった。でも、脚本に驚かされ続けたよ。さらに複雑で、奇妙でおもしろいものになっていた。サイレントのエピソードみたいな、ちょっと変わったエピソードもあったよ。

マーティン:フラッシュバックのものがあったね。

スティーブ:そう、70年代にフラッシュバックする大きなシーンがある。そこでは、僕らが魔法のように…。

――セレーナは私生活でも仲の良いカーラ・デルヴィーニュとの共演が話題となっていましたが、実際にシーンを共にしてみていかがでしたか?

セレーナ:すごく楽しかった。最高に楽しんだ。親友や何年も知っている人と仕事をするときは、仕事のように感じられない。本当にカーラが大好き。彼女はとても素晴らしい仕事をしていたわ。今作でカーラがいかにすごかったか、早くみなさんに見てほしい。

――スティーブは、実生活でもポッドキャストを聞きますか?

スティーブ:聞きます! 僕のお気に入りの一つは、オーストラリアの「CASE FILE(原題)」というポッドキャスト番組。とても本格的で、よくリサーチされている犯罪物なんだ。気の弱い人向きじゃないけど、本当に非の打ち所がない良い作品だと思う。

――最後に、シーズン2の見どころを教えてください。

スティーブ:見どころの一つは、シャーリー・マクレーンが登場するところ。国際的な映画スターのシャーリーが、今作に出るために遥々来てくれたと知っているよ。僕にとっては光栄なことだった。人生でずっと、彼女のことが大好きだったんだ。シャーリーがダンサーだった時のことを覚えているよ。彼女が足を上げていたのをね。だから、出演してくれて本当に興奮したんだ。

マーティン:僕もシャーリーについては同意。あとエイミー・シューマーも素晴らしかった!

セレーナ:彼女はとても楽しい人ね。あと注目ポイントは、私たちのキャラクターたちがどこに向かっていて、どのぐらい成長し上手くやっているかを見てほしいです。

『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン2配信情報

衝撃的な展開で幕を閉じたシーズン1。再び謎に迫る3人に大注目したい『マーダーズ・イン・ビルディング』シーズン2はDisney+ (ディズニープラス)「スター」で独占配信中。

(海外ドラマNAVI)