「六本木クラス」初回より
 - (C) テレビ朝日

写真拡大

 韓国ドラマ「梨泰院クラス」を竹内涼真主演で連続ドラマとしてリメイクする「六本木クラス」(テレビ朝日系で7月7日スタート、毎週木曜夜9時〜※初回10分拡大放送)の場面写真が公開された。

 本作は、チョ・グァンジンのウェブ漫画「六本木クラス〜信念を貫いた一発逆転物語〜」とパク・ソジュン主演による韓国ドラマ「梨泰院クラス」(2020・Netflix)を原作にした物語。日本最大の巨大外食産業「長屋ホールディングス」の跡取り息子・長屋龍河(早乙女太一)が引き起こしたある事件により絶望の淵に立たされた主人公・宮部新(竹内)が、跡取り息子とその父で事件をもみ消した会長・長屋茂(香川照之)に復讐を誓う。

 公開された場面写真は、高校時代の新を巡るシーン。新の初恋の相手で後に長屋ホールディングスに勤めることになる楠木優香(新木優子)、龍河の執拗ないじめに遭う同級生・桐野雄大(矢本悠馬)、新の父で長屋ホールディングスの商品開発部部長・宮部信二(光石研)、そして龍河の父・茂。和やかな様子で会話する優香と信二や、思いつめた表情の新が茂と対峙する場面も。

 そのほか、IQ162の天才的頭脳を持つ人気インフルエンサーで、のちに新が営む「二代目みやべ」の店員となる麻宮葵(平手友梨奈)、長屋ホールディングス常務の相川京子(稲森いずみ)も見られる。

 初回は、警察官になることを夢見ながら真っすぐに育った新が、父・信二の栄転に伴い転校するところから幕を開ける。しかし転校初日に校内である事件が勃発。この事件が引き金となり、自身のみならず父の人生も一変していく。(編集部・石井百合子)