宮沢氷魚、橋本愛、蒔田彩珠
 - (C) 2022 「僕愛」「君愛」製作委員会

写真拡大

 アニメーション映画『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』(10月7日より2作同日公開)の声優キャストが発表された。あわせてティザービジュアルと特報映像も公開された。

 『僕が愛したすべての君へ』『君を愛したひとりの僕へ』は、TikTokで話題を呼んだ乙野四方字の小説を原作にしたアニメーション。並行世界を行き来することができる世界の同じ名前の二人の少年が、それぞれの世界で一人の少女と恋に落ちるラブストーリーが描かれる。

 今回、声優キャストが発表。本作が声優初挑戦となる宮沢氷魚が、両作における主人公である暦を一人二役で演じる。そして『僕が愛したすべての君へ』で暦と恋仲になるヒロインの和音に橋本愛、『君を愛したひとりの僕へ』で暦と恋仲になるヒロインの栞に蒔田彩珠がそれぞれ声をあてる。

 『僕が愛したすべての君へ』では、松本淳が監督を務め、タツノコプロ内の新スタジオレーベル BAKKEN RECORD が制作。両親が離婚し、母親と暮らす高校生の高崎暦(宮沢)はある日、クラスメイトの瀧川和音(橋本)に声をかけられる。85番目の並行世界から移動してきたという彼女は、その世界で2人が恋人同士であると告げる。

 『君を愛したひとりの僕へ』は、カサヰケンイチが監督を務め、制作をトムス・エンタテインメントが担当。両親が離婚し、父親と暮らす小学生の日高暦(宮沢)はある日、父の勤務先で佐藤栞(蒔田)という少女と出会う。お互いに恋心を抱くようになる暦と栞だったが、親同士が再婚することを知らされ、二人は兄妹にならない運命が約束された並行世界への駆け落ちを決断する。

宮沢氷魚(高崎暦/日高暦 役)

Q:原作や脚本を読んで、魅力を感じたところを教えてください。
パラレルワールドをテーマにした物語に惹かれました。僕も、自分が自分じゃない世界線や違うワールドにいる自分とどんな風に交わるのかとか、自分が今生きている毎日がすべてなのかと考えることが普段から結構多くて。それを自分の中でうまく整理したり、納得のいく説明ができずにいたのですが、原作と脚本を読んだ時に「こういう捉え方、理解の仕方がある」とすっと落とし込むことができました。暦、栞、和音の3人を軸に、彼らがどのように自分たちの人生を歩んでいくのかが見どころだと思いました。原作も脚本も気づけば何度も読み返すほど面白かったです。

Q:「僕愛」「君愛」それぞれの暦の印象を教えてください。
人は育った環境によって、性格や考え方も変わってきます。どちらも暦ではあるので、ベースは変わらないのですが、別の道を選び、違う人生を送る二人の暦の演じ方、表現の仕方はすごく悩みましたが、すばらしい画と台本、この二つを信じて、演じました。演じ分けたというよりも、物語の流れに身を任せていれば、自然に変化が出てくることに気づき、作り込むよりも、一つ一つのシーンを大事に丁寧に演じることを心がけました。物語の流れに任せることで、自然と二人の暦にたどり着くという不思議な感覚がありました。

Q:アフレコはいかがでしたか? 難しかった点、工夫した点などを教えてください。
声優は初めてでしたが、まず、最初に驚いたのは、映像に合わせてセリフを言うことの難しさです。普段、アニメを観ているときにはその難しさや大変さに全く気づかなかったので、声優さんの凄さを改めて知った気がします。あとは、台本をめくるときに音を立てないように、最後のページの最後の行を覚えてめくるとか、めくった先のページの1行目を覚えておいて、台本を見なくてもしゃべれるようにするとか、そういう工夫はできるようになりました。紙のめくり方のテクニックも身についた気がします(笑)。

橋本愛(瀧川和音 役)

Q:オファーを受けた時とアフレコを終えた今で、気持ち変化はありましたか?
初めてではないのですが、アニメーション映画の声のお仕事をずっとやりたかったので、「夢が叶った!」という気持ちになりました。本当にありがたい、と思うと同時に、緊張もかなりしましたし、色んな世界の和音の心を理解して、体に入れる作業は新鮮でした。収録が始まり、監督やスタッフのみなさんから「すごく素敵だね」とおっしゃっていただき、本当に救われました。何より、私自身が楽しく演じられたことが一番うれしかったです。

Q:具体的に準備をしたことはありましたか?
物語にはいろいろな世界の和音が登場するので、どの時間軸でどの和音を描いているのかを整理するところから始めました。役作りの軸は普段と変わらずでしたが、無意識下の意識のような深い部分で、全ての和音が繋がっているということは、常に頭の中に据え置いてアフレコに臨みました。

Q:アフレコの難しかった点、工夫した点など教えてください。
監督、スタッフのみなさんが、長い時間をかけて作り続けてきた作品なので、みなさんの中にある和音の声のイメージと、私が和音の魂や精神を反映して演じた声とのイメージがすれ違うこともあり、擦り合わせることがとても難しかったです。その過程で、「もっと理系の女性みたいな感じ」とか「ちょっと硬い感じ」などの方向性に関しては、その声に辿り着くためのロジックがなかなか見つけられなくて、苦戦しました。改めて、声のお仕事をされている方々って本当にすごいなと、尊敬の気持ちがより一層強くなりました。

蒔田彩珠(佐藤栞 役)

Q:オファーを受けた時の率直なお気持ちをお聞かせください。
以前、声優のお仕事をさせていただいたときに、また違う作品をやってみたいと思っていたのでとてもうれしかったです。その時は小学生役だったので、大人の役もやってみたいという気持ちもあって、アフレコが始まるのを楽しみにしていました。

Q:アフレコと原作や脚本から感じる「栞」印象の違いはありましたか?
声を入れるまでは妹のような感じで暦くんに甘えている印象があったのですが、実際に演じてみると、暦くんに心配かけないように自分の中で気持ちを抑えて、明るく振る舞っているところも感じられ、寂しさやつらさが伝わってきました。

Q:アフレコで難しかった点、工夫した点などを教えてください。
暦役の宮沢さんと掛け合いができたので、感情の入れ方などは自然に調節することができました。とてもやりやすくてありがたかったです。先にいただいた映像を観ながら、家で何度も何度も練習して、気合を入れてアフレコに挑みました。

Q:監督から「栞」の演じ方についてリクエストはありましたか?
監督の指示は的確ですごくわかりやすかったです。お芝居はいいけれど口が合っていない、表情が変わったときにはどのように声に変化をつければいいのかなど、観る人に伝わるようにどう演じるのが良いのか、丁寧にアドバイスしていただきました。