初の二重人格者役に挑む山田涼介

写真拡大

 Hey! Say! JUMP の山田涼介が、累計120万部突破の人気漫画を映像化するフジテレビ系“水10”ドラマ「親愛なる僕へ殺意をこめて」(10月スタート・毎週水曜22時〜)で主演を務めることが明らかになった。

 原作・井龍一、漫画・伊藤翔太の原作は、2018年5月から2019年8月まで「ヤングマガジン」、同年8月から2020年9月までWEBコミック配信サイト「コミックDAYS」で連載されたサスペンス。連載終了直後から、出版社に映像化を希望する声が数多く届き、今回満を持してドラマ化が実現した。

 山田が演じるのは、連続殺人犯を父に持つ大学2年生・浦島エイジ(うらしま・えいじ)。“人生楽しんだもん勝ち。楽しければそれでいい”とお気楽な大学生に見えるが、少年時代はいじめや嫌がらせなど、過酷な人生を歩んできた。連続殺人鬼の息子であることを隠すエイジは、愛する女性・雪村京花(ゆきむら・きょうか)と過ごす時間だけ、心から笑うことができた。

 ところがある日、父親が起こした事件と殺害方法が酷似した猟奇殺人が発生。エイジには事件が起こったとされる期間の記憶が完全に抜け落ちており、やがて自らが二重人格であることに気付き、「今回の猟奇的殺人を犯したのは、連続殺人鬼である恐ろしい父親の血をひく“もう1人の自分”なのでは……」という恐怖と不安にさいなまれる。事件の真相を突き止めるべく、意を決して“自分探しの旅”に出たエイジだが、そこで驚きの事実が次々と明らかになっていく。

 「カインとアベル」(2016年10月期)以来6年ぶりのフジテレビ系ドラマ主演で、二重人格者という新境地に挑む山田。「二重人格の役をやるのは初めてですが、見た目を大きく変えるとかではなく、性格が全く違うキャラクターを演じなければいけないということで、自分の中での芝居プランは持っています」と難役への意気込みを明かす。

 ドラマ放送期間中の2022年11月には、自身が所属するHey! Say! JUMPがデビュー15周年を迎える。「あまり数字にはこだわりはありませんが、これまで積み上げてきたものがありますので、その全てが“山田涼介の成長”として見せられる作品になるのではないかと、自分でも楽しみにしています」と心境を述べると、「役者をやる人間として、二重人格者という特殊な役を演じるのは役者冥利(みょうり)に尽きます。こういった役をやりたい方はたくさんいらっしゃると思いますが、それを僕に任せていただけたのはすごく誇りに思いますし、光栄なことですので、役を演じることが自分自身とても楽しみです。難しい役だとは思いますが、今持てる全ての力を注ぎ込んで大切に演じたいと思います」とアピールした。

 総合演出を務めるのは、「ライアーゲーム」シリーズや「鍵のかかった部屋」などのヒット作を担当した松山博昭。脚本は、映画『マスカレード・ホテル』シリーズの岡田道尚が執筆する。(編集部・倉本拓弥)