【投げ売り状態のような値段のこと】小学生で習う、この四字熟語は何?

写真拡大 (全3枚)

身近な四字熟語を使った穴埋め問題。ここで紹介するのはなんと小学生が習うものばかり!頭をちょっぴり使って正しい読み方と意味を再確認してみてくださいね。

ヒント

せっかくのお気に入りを買い取り業者に出してみたところ、ガッガリするような値付けだった経験はありませんか?

正解は…

二束三文(にそくさんもん)
値段が非常に安いこと。投げ売りのような安値のこと。

 いくら売っても、儲けが出ないほどの安い値段、つまり「たいした価値がない」とも捉えられますね。「二束三文で売り払う」これはまさに投げ売り状態のこと。「二束三文にもならない話」であれば、儲けにならない、商売にならない話ということになります。