松本明子さんとご両親の思い出の写真

『電波少年』や『DAISUKI!』など数々のバラエティ番組での飾らない明るさが印象的な松本明子さん。

そんな松本さんは、誰も住まなくなった四国の「実家じまい」に25年もかかった“苦労人”でもある。今月発売した著書『実家じまい終わらせました! 〜大赤字を出した私が専門家とたどり着いた家とお墓のしまい方』(祥伝社)ではその経緯を赤裸々に記している。

家族との思い出がたっぷり詰まった実家を処分することは、想像以上に大変なことだ。「私と同じしくじりをしてほしくなかった」と語る松本さんに詳しく聞いた。

「明子、実家を頼む」

――香川県高松市の、ご両親の実家を25年間維持する費用が、累計で1800万円超かかったと聞いて驚きました。実家じまいをするまで25年間もかかったのは、お父様の遺言に重みを感じたからだそうですね。

父が亡くなったのは、2003年8月末。私が37歳のときでした。亡くなる少し前に病室を見舞うと、「明子、実家を頼む」と声を絞り出すように言ったんです。

両親はその数年前に東京に呼び寄せていて、実家はすでに数年、空き家の状態でした。

でも、浮き沈みの激しい芸能界で私の仕事がなくなったとき、いつでも高松に戻って来られるようにという思いと、母をおもんぱかったうえでの遺言だったのかもしれません。わざわざ宮大工さんに頼んだこだわりがつまった家だったので、生きた証しとして自分の城を遺したかったのだとも思います。


(図:『実家じまい終わらせました! 〜大赤字を出した私が専門家とたどり着いた家とお墓のしまい方』より)

そうして、私は実家を相続で受け取りました。父は、高松の実家は2000万円ぐらいの価値があると考え、兄には実家の価値の半分ぐらいの金額を、保険を解約するなどして先に渡していました。実際には、実家にそこまでの価値はなかったことが後でわかるのですが、父がそこまで考えていてくれたことはとても嬉しかったですね。

ただ、いま振り返ると「実家を頼む」とはどのくらいの期間なのか、もっと具体的に聞いておけばよかった。私が一生涯、実家を管理すべきなのか。身体が動く70代ぐらいまでなのか、50代で手放していいという意味だったのか――。

――松本さんはバラエティ番組で、家族仲がいいとお話されていました。良好な家族関係も、実家じまいに時間がかかったことに影響しているでしょうか。

たしかに、父と母を亡くした頃は相当落ち込んで、実家じまいをするなど考える余裕がなく、しばらくおいておいた面はあります。

私は兄が10歳年上で、両親が40歳近くになって生まれた子どもで、溺愛されて育てられました。父とは、私が結婚後も一緒にお風呂へ入るほど仲良しでしたね。

私が幼稚園時代は父と母、私の3人で夜な夜なバーやスナックへ繰り出していた思い出も。父はお店に行くと「明子、歌え、歌え」と言って私に歌わせる。するとママさんやホステスさんが褒めてくれて、10円や20円を私にくれる。その場で私は、カルピスをボトルキープする子どもでしたね(笑)。

母は若い頃、芸事を職業にしたいと思っていた人で、私が歌う姿に目を細めていました。いま思えば、酒場で歌う体験が私の芸能界へ入りたい! と思う原点だったのかもしれません。

親を2人とも亡くした喪失感は想像以上


「スター誕生」のリハーサルを行う松本明子さん

ところが、「上京して歌手デビューしたい」と伝えると、父は大反対。「自分の目が届く範囲で歌っているならいいけれど、実家を離れて上京するなんて絶対にダメだ」と。甘々なところと厳しいところ、両極端を持っている父でした。私の夢を応援してくれたのが、母です。「明子のやりたいことをやらせてやって」と、援護射撃してくれたんです。母が父を説得してくれなければ、私は上京できなかったかもしれません。

――バラエティ番組『DAISUKI!』(1991年4月14日から2000年3月26日まで放送。日本テレビ)では、松本さんが共演のお2人に毎回、腕を絡ませる姿が印象的でした。

あの番組では、秀ちゃん(中山秀征さん)や直ちゃん(飯島直子さん)に、ずっとくっついていた記憶があります。末っ子ですから、甘えん坊なんです。

父を亡くしたときももちろんつらかったですが、41歳(2007年)のときに母を亡くしたときは、心身ともに大きく負担がかかりました。同性だからか、人生の道しるべを失ってしまった感覚もあり、「この先、どうすればいいんだろう」と、心が路頭に迷ってしまったというか。

親を2人とも亡くした喪失感は想像以上に大きく、「私ってこんな人だっけ?」と、自分でも驚くほど打ちひしがれ、3年間ほどは両親がこの世にもういないという現実に、なかなか向き合えませんでした。

ですが、親が亡くなると、悲しんでいる暇もないぐらい、半年1年と時間がどんどんすぎていくんです。銀行口座や保険の解約、さまざまな証明書集めなど、雑務に追われるからです。

事務作業には泣く泣く着手しましたが、両親を思い出すとつらくて実家じまいは後回しにしていました。遺品を見るだけで泣けてくるんです。実家から戻ると、「今度、両親にこのお菓子を送ろうか」と思った直後に、「あ、もう私の両親はいないんだ」と自覚して、悲しみが押し寄せてくることもありました。

実家じまいをしようと決意できたきっかけ

――悲しい思いを抱えつつも、実家じまいをしようと決意できたきっかけは。

実家じまいは法事や神事を節目に考える人が多いとも聞きますが、私は『クローズアップ現代+』(NHK)という番組への出演がきっかけでした。実家の片づけがどれだけ大変か、そこでハッとさせられたんです。

母が他界して10年目に、夫や義母が「もう手放してもいいのでは?」と言ってくれたことも、後押しになりました。

このまま実家を維持すれば将来、高松に縁もゆかりもない一人息子に、私と同じ苦労をかけることになる。それだけは避けたいという思いも、私を奮い立たせてくれました。


空き家のまま25年維持していた松本さんの実家のリビング

――実家を維持する金額がふくらんだのは、2度もリフォームされたからでもあるそうですね。いったいなぜリフォームを?

東日本大震災のような大地震も経験し、今住んでいる東京でもいつ災害にあうかわからないという感覚がありました。そんなもしものときに高松の実家を避難所にできるよう、リフォームしたんです。台所、トイレなどの水回りを全面改修したりで、約350万円かかりました。

その後、『爆報! THEフライデー』(TBS)という番組が、空き家になった実家の処分に奮闘する私の姿を、ドキュメントで取り上げてくれることになったんです。そこで、考えたことは、今後売るにせよ貸すにせよ、もうすこしきれいで使いやすいほうがいいということでした。そこで、浴室のユニットバスへの変更や、一部フローリングの張り替えをして、今度は約250万円ほど出費しました。つまり、リフォームで合計約600万円かかったわけで、これは痛い出費でした。


松本明子さん(撮影:梅谷秀司)

しかも番組の収録で査定していただいたところ、「買取価格は築年数が古いので上物の価値はゼロ。土地の価値だけで200万円。更地にすれば買い手はつきやすいですが、費用は500万円ほどかかります」と言われたのです。

ほかにも実家の管理や帰省費用がかかっているのに、更地後、売却してリフォーム代を引くだけでもマイナス300万円と。まさに、「なんじゃそりゃ!」状態でした(笑)。

――そのほかに月々の光熱費や、毎年の固定資産税などの固定費も25年分積み重なって、累計で1800万円超。それだけの費用をかけても、高松のご実家に移住したいとは思わなかったんですか。

私は1983年に『♂×♀×Kiss(オス・メス・キッス)』でアイドルデビューさせていただいたものの、鳴かず飛ばずでした。ありがたいことに、『TVチャンピオン』(テレビ東京)、『電波少年』『DAISUKI!』(ともに日本テレビ)で、やっと忙しくお仕事をさせていただけるようになったのは、20代半ばのことでした。そろそろ親孝行がしたいと思い、両親を高松から呼び寄せて、賃貸マンションで一緒に暮らし始めたのが27歳です。

松本さんが語る「教訓」

そこからお仕事がさらに増えて、「この仕事になんとか“永久就職”できるのでは」と思い始めたのが、40代前半です。「もし仕事が万が一少なくなっても、高松に移住することはない。永住するのは東京だ」と、やっと腹をくくれたんです。


結果的に、両親を呼び寄せた27歳から実家を処分するまでの51歳まで足掛け25年、ほぼ空き家となった実家を管理し続けることになったんです。

――松本さんの経験から、伝えたい教訓は?

経験していえるのは、親が元気なうちにやはり実家の話をしておいたほうがいい、ということでしょうか。誰でも「亡くなったあと、実家を処分してもいい?」などとは切り出しにくいと思います。親の死が前提の話は子どもとしてしたくないですし、「お金に換えたいから、そろそろ死んでほしいのか」と、子どもの思いとは異なるニュアンスで親に受け取られる可能性もありますから……。

だからといって話をせずにいると、私のようなことになります(笑)。「松本明子さんのように、あとで子どもが大変な目にあうらしいよ。累計で1800万円だってよ」と、私の体験談をうまいこと使ってみてください。子どもに迷惑をかけたくないと思っている親は多いので、「それは大変だ」と、感覚を切り替えてもらえるかもしれません。

(この記事の後編:松本明子さんの実家じまい「私のしくじり体験談」

(内埜 さくら : フリーインタビュアー、ライター)