英グロスターシャー州シンダーフォードのワイ川に10カ月沈んでいたiPhoneが第三者によって発見された後、動作が復活し、無事に持ち主に返還されたと報じられました。

10カ月水に沈んでいたiPhoneが復活

オウェイン・デイヴィス氏は2021年8月、ワイ川にiPhoneを落としました。10カ月後、ミゲル・パチェコという男性が家族とカヌー中に、そのiPhoneを発見しました。パチェコ氏がiPhoneを乾燥させた後、プラグを差し込むと電源が入り充電が開始されたとのことです。
 
パチェコ氏は、娘とカヌーをしている時に「水に浮かぶ青い何か」を発見しました。彼は、エアコンプレッサーでiPhoneを乾燥させ、一晩、乾燥用戸棚に置いておいたそうです。彼は、「翌朝に充電した時、信じられなかった」と語っています。iPhoneのスクリーンセーバーには、デイヴィス氏が携帯電話を落とした8月13日という日付と男女の写真が表示されたのです。
 
幸い、スクリーンセーバーの写真はデイヴィス氏自身のものだったので、パチェコ氏はその写真をソーシャルメディアで共有し、最終的にデイヴィス氏の友人がそれに気づいたのです。デイヴィス氏は、パチェコ氏が自分のためにこのような努力をしてくれたことに驚いたそうです。彼は、「私なら、近くのパブにでも持ち込むでしょう。エアコンプレッサーで乾燥させ、解体するようなことはないと思います」と語っています。
 
何年も前からiPhoneは防水性能を備えていますが、今回のように10カ月もの間、水の中に沈んでいて正常に動作するという保証はありません。
 
 
Source:BBC via iMore
(m7000)