後藤輝基

写真拡大

お笑いコンビ、フットボールアワーのツッコミ担当、後藤輝基(48)が22日放送のインターネットテレビ局、AbemaTVのABEMA「デマ投稿を許さない」(水曜後10・30)にゲスト出演。元タレント、島田紳助さん(66)の現在を語るひと幕があった。

タレントの坂上忍(55)がMCを務める同番組は、ゲストにまつわるネット上のウワサなどを問いただし、本人が弁明するトークバラエティー。後藤といえば、日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜後9・0)で、島田さんの後を継いで週替わりMCを務めているが、話の流れの中で、「行列の後に、紳助さんに連絡したんですか?」という質問があった。

後藤は「いや、そこはあんまり覚えてないですけど…」としながらも、「例えば、年始のごあいさつであったりとか、東野(幸治)さんと僕で会いに行ったりとか、家に行かせてもらったりとかはしましたね」と交流があったことを明かした。続けて、後藤は「すごいですよ!」とひと言。坂上が「え、何が?」と問うと、「だって、引退したらしゃべるペース落ちてるのかなとか思いません? とんでもないですよ。うわぁー!ですよ。インプット、インプットやから、ネタが逆に増えているんですよ。ずっとしゃべって大爆笑ですよ、ずっと」とうなった。

後藤は、紳助さんからもらった名言として「自分ひとりでは大きくなれん。周りの人が自分より大きい服を着せてくれんねん」という言葉があるという。その言葉の真意は、「ブカブカやんって思うけど、気がついたら自分がそのサイズに合ってくる。また違う人が大きいサイズの服を着せてくる。そしたら、お前がその体に合ってくる」と説明。「すごい覚えている」という後藤は「結果、行列の司会という大きな服を着せてもらった」と周りの人に感謝した。