「家賃滞納で退去」の発覚恐れ妻刺したか 71歳被告が起訴事実認める

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 妻を包丁で刺して殺そうとしたとされる71歳被告の裁判員裁判の初公判
  • 検察側は冒頭陳述で、被告が家賃滞納で退去を求められていたことを説明
  • 妻に知られるのを恐れて犯行におよんだとし、被告は起訴事実を認めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x