井上咲楽、“太眉カット”イメチェンに至った理由を明かす「だんだん仕事が減ってきちゃって」

写真拡大

6月21日、日本テレビ系『踊る!さんま御殿!!』に、井上咲楽が出演した。

【関連】井上咲楽、“なりたい顔1位”の女性芸能人とは?「圧倒的ビジュアル」「完璧」

番組中、“私をイライラさせる他人の言動”についてトークが展開された。その中で、井上は「田舎に住んでる親戚から、とにかく普通の姿でテレビに出てくれって言われるんですよ」とコメント。

その上で、「髪の毛を普通におろして出たらいいじゃんとか。そういう風に言われるんですけど、“普通の顔してニコニコ座ってテレビに出られるわけないでしょ”って私はすごい思っちゃうんですけど、全然伝わらないんですよ」と、“個性的な格好をしないと周囲に埋もれてしまうのでは”といった不安を吐露。

また、出演者から、トレードマークだった“太眉”を剃ったことについて振られると井上は「あれですごい覚えてもらえて」と話しつつも、「だんだん仕事が減ってきちゃって」「眉毛の人みたいになっちゃったんですよ。もう」といい笑いを誘った。

続けて井上は、「インパクトが強すぎて。でもトークが追いつかなくて」「眉毛が先行してそこを私が追いかけてるような」といい、スタジオに「眉毛だけ売れたんですね」と声が上がると、井上は「そうなんですよ、なんかトークが眉毛に全然追いついてなくて」と、太眉のイメージが強くなりすぎたと説明していた。