使われている漢字はよく見慣れているのに爐覆鵑篤匹爐鵑世蹐Α瓩醗貊崘困鵑世蝓△佞汎匹澳岼磴┐討靴泙辰燭蠅垢覺岨って案外たくさんありますよね。今回はそんな難読漢字の中から日常的によく使われる「凡そ」の読み方をご紹介します。読むのが難しい漢字もさらっと読める、スマートなアラサー女子を目指しましょ♡

【詳細】他の写真はこちら

「凡そ」はなんと読む?

「凡」をそのまま音読みすると「ぼんそ」になりますが、さすがにおかしいですよね・・・

では一体なんと読むのが正解なのでしょうか?

正解はこちら!

正解は「およそ」でした!

「凡そ」の意味・使い方とは?

「凡そ」は名詞・形容動詞・副詞として使われます。名詞・形容動詞では「物事の大体」、副詞としては「大まかに言って、大体」を意味します。「凡そ」を用いた例文としては、「計画の凡そは承知している」「家から会社まで凡そ5キロ離れている」などがあげられます。

どうでしたか?皆さんは正解できましたか?

「凡そ」は「おおよそ」と読み間違えやすいので気をつけてくださいね!

《参考文献》

・『デジタル大辞泉』(小学館)

・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)

・『日本大百科全書』(小学館)

文 / andGIRL編集部