馴染みのある漢字なのに爐覆鵑篤匹爐鵑世蹐Α瓩醗貊崘困鵑任靴泙Δ海箸辰動導安燭ありますよね。今回はそんな難読漢字の中から「象る」の読み方をご紹介します。読むのが難しい漢字もさらっと読める、スマートなアラサー女子を目指しましょ♡

【詳細】他の写真はこちら

「象る」はなんと読む?

ぱっと見の印象で、ついつい「ぞうる」「しょうる」などと読んでしまいがちですよね。

でもそれは不正解・・・!

では一体なんて読むのが正解なのでしょうか?

正解はこちら!

正解は「かたどる」でした!

「象る」の意味・使い方とは?

「象る」は「物の形を写し取る、ある形に似せて作る」という意味。類語としては「描く」「「彩る」「染める」などがあげられます。

「象る」を用いた例文としては、「雪の結晶を象った模様」があげられます。

どうでしたか?皆さんは正解できましたか?

意外な読み方がある漢字だと、小学生で習う漢字でも難しく感じますよね!

ぜひ日常生活でも活用してみてくださいね♪

《参考文献》

・『デジタル大辞泉』(小学館)

・『精選版 日本国語大辞典』(小学館)

・『日本大百科全書』(小学館)

文 / andGIRL編集部