あの「いのち輝く未来社会のデザイン」がナンバープレートに……………!

寄付金は万博の交通整備に充当


「万博特別仕様」ナンバーのイメージ(画像:国土交通省)。

 国土交通省は2022年6月10日(金)、日本国際博覧会(大阪・関西万博)が2025年に開催されるのを記念した特別仕様のナンバープレートについて、そのデザインを発表。特別ナンバーは、ことし9月下旬に申込開始、10月下旬に交付開始となります。

 これまで「特別仕様のナンバープレート」は、2019年開催のラグビーワールドカップや、2021年開催の東京オリ・パラを記念したものが交付されてきました。

 今回も同じく、料金を支払ってこの特別仕様に選択・交換でき、1000円以上の寄付を行うことで、フルカラー版にすることができます。今回の寄付金は、当万博の開催に関する交通サービス充実にあてられるそうです。

 デザインは、万博のロゴマークであり、「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマにした、赤い円形を組み合わせたオブジェがモチーフとなっています。また、右上にはそのロゴマークに目玉が複数付いた、万博のマスコットキャラクターの一部があしらわれています。

 事業用は緑色の枠が、自家用軽自動車は黄色の枠がデザインに追加されます。

 交付についての詳細は8月中、料金は9月下旬に公表予定です。