Appleは、iOS16でiPhoneのキーボード入力時に、iPhoneがかすかに振動する触覚フィードバック機能が利用可能になると発表しています。

iPhoneの文字入力に振動で反応

Appleが世界開発者会議(WWDC22)で発表したiOS16では、iPhoneで文字を入力すると振動でユーザーが操作を確認できる触覚フィードバックに対応します。
 
触覚フィードバックは、iPhoneのアプリアイコンや文字列を長押しした際にiPhoneが細かく振動する機能です。
 
Appleが公開したiOS16のプレビューページ(英語)では、以下の説明が掲載されています。
 

キーボードハプティクス:心地よくタイプできるように、キーボードの触覚フィードバックをオンにできます

 
米メディア9to5Macは、iOS16での初期状態では同機能がオフになっており、ユーザーが「設定」アプリの「一般」>「キーボード」メニューから有効化できるようになるだろう、と推測しています。

従来、文字入力への反応はタイプ音のみ

これまで、iPhoneでの文字入力操作に対する反応は、クリック音のみでした。
 
文字入力時のクリック音は、iOS15では「設定」アプリの「サウンドと触覚」>「キーボードのクリック」でオン/オフを切り替え可能です。

iOS16はiPhone8以降で利用可能

iOS16は、現在開発者向けベータの提供が開始されており、一般ユーザー向け正式版は今秋公開予定です。
 
iOS16はiPhone8以降のモデルが対応します。iOS15で対応していたiPhone6s、iPhone6s Plus、iPhone7、iPhone7 Plus、iPhone SE(第1世代)がサポート対象外となります。

 
 
Source:Apple, 9to5Mac
(hato)